「Macで音楽クラブ 2018年12月定例会」のレポートです。

開催日時:2018年12月1日(土)15:00~18:00
参加人数:13名

P1030148-2



■芝

P1030121

先月発売された、「iPad Pro 12.9インチ」を早速購入されました。
SIMフリーのセルラー、512GBモデルです。

P1030131

何と言ってもホームボタンが無くなりました。旧モデルでは、自然と手で持った時にホームボタンを押す体制考えてしまいました。そのストレスの無さがびっくり。

P1030126

また、縁の部分が一定になった事で、使っている時のバランスを体感的に軽く感じます。 本体スピーカーも良い音です。

他に、データ転送・音声・充電ポートがUSB-C1つになった事が挙げられます。MacBook用に使っていたUSB-Cハブも使えましたし、電源の安定度が違います。

P1030129

Lightningでの充電容量や転送スピードでは、最近では心もとなくなってきていました。USB-Cになり、バスパワーでも安定しています。写真では併せて購入した、Presonus Studio 2I4(USB-Cオーディオインターフェイス)をUSB-Cハブ(バスパワー)経由で繋げています。

P1030133

Smart Keyboard FolioApple Pencilも購入。Apple Pencilは磁石で付くのが便利。Smart Keyboard Folioは縁を守らない構造になっています。それはPencilが縁に付くためというのも一因。

Smart Keyboard Folioのキータッチは、MacBookを使っていれば問題ない質感。今回のiPadで使ってみたくなります。

P1030134

GarageBand for iOSでは、12.9インチのみSmart Guitarなどのコード入力欄が12個並びます。他のiPadでは通常8個ですので、なぜか音楽アプリだけは特別な扱いになっています。

ただし、店頭デモ機は特別で通常だそうですのでお気をつけください。



■伊藤

P1030142

管楽器の音源「SWAM Saxophones」の紹介です。

以前は開発元がSample Modelingという会社でしたが、Audio Modelingという会社に移行されたようです。

P1030143

以前にも紹介したAKAI Proffesional EWI改(Bluetooth MIDI出力取り付け)。
MacBook Proを新規購入して移行したので、内蔵されているBluetoothの性能が上がりMIDIで接続出来るようになりました。

P1030138

SWAM Saxophonesに戻ります。ソプラノ・アルト・テナー・バリトンに対応しています。

P1030139

こちらはSample Modeling社の別の音源でトロンボーン。Kontakt Playerで動きます。いずれもレイテンシーが感じられないくらい反応が速いので、楽器として使えます。

P1030147

同じ様な事をiPadでも考えて見たのですが、専用音源は無いそうです。試しに、GarageBand for iOSに繋いで見ました。チェロのボリュームコントロールは出来ました...。

他にもBluetooth MIDIの認識方法の解説がありました。



■橘

P1030159

Asus ZenScreen Go MB16AP」ポータブル液晶ディスプレイです。

P1030162

MacBook Airを持ち歩く際の拡張ディスプレイとして、仕事で利用するために購入。15インチフルHD液晶で、USB-C(またはType Aに変換)で繋ぎます。ソフトはDisplayLink経由で接続。

バッテリーが内蔵されており、最大4時間起動可能。残念ながらパソコンからは給電のみで、充電の際は別途充電器経由になります。

P1030163

iPhone、iPadでも使えますがミラーリング限定になります。iPhoneだと操作している指で画面が見えないので、そういう面を解消する用途として使われる様です。(試したケーブルにより認識に差がありました)

価格は4万円ほど。



■関

P1030168

Sanwa Directで購入したUSBマイクの紹介です。

P1030169

24bit/96kHzでLightning接続、USB接続両方に対応しています。ただし、ステレオではなくモノラル録音でした。

カメラ用のマウントがあり、三脚に付ける事が出来ます。安売りで6,000円ほどで購入。
困ったところでは、microHDMI端子が出力となっており、変換ケーブルが特殊な事が挙げられます(ケーブルは付属しています)。



■小林

P1030171

iPad用音源アプリ「Audiokit Synth One」の紹介です。
アルペジエイターなど一通りの機能が揃っており、無料で使えるので試すのにおすすめ。

P1030173

特徴的な部分としては、オシレーターの種類の変更を途中で止めらます。弾いて見た所、ちょっとレイテンシーはあるそうです。 

P1030175

P1030176

あと、アイコン表示名が「シンセ1」となっているのが格好悪い。初期は英語表示でしたが無駄に日本語翻訳され(笑)、こうなってしまったようです。



■須藤

P1030178

MacBook ProのOSを「macOS Mojave」にしました。時間と共に背景が変わってリアルな時間を感じさせてくれます。また、拡張解像度に対応したソフト「SwitchResX」も紹介。

AudioUnitsプラグインの紹介がありました。

 ・Ozone Elements

P1030183

先月の激安販売で購入された方へ紹介。上位版との違いはエフェクトがリミッター・イメージャー・イコライザー三種類のみで固定され、追加する事が出来ない様になっています。CDを作る際のディザー処理がカットされています。

P1030186

イコライザーではアナログ系とデジタル系の処理方法を選択可。MS処理はイコライザーのみ可能なようです。

 ・smart EQ2 sonible

P1030187

smart EQ2 sonibleは、安売りされていたNeutron Elementsと同じように自動的にイコライザー位置を提案してくれる機能があり。(画面はNeutron Elements)

P1030191

その他に、Fabfilter、Soundspot Voxbox(動作せず)、iZotope Vocal Doubler(無料)、Waves flow motion、Sibilance(Black Fridayの無料配布品)の紹介がありました。



2019年1月の定例会は1月5日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について