「Macで音楽クラブ 2018年10月定例会」のレポートです。

開催日時:2018年10月6日(土)15:00~18:00
参加人数:10名

P1020700



KORG Gadgetでの新曲紹介(ノグチ)

P1020655

[KORG Gadget for iOS]で制作した曲紹介です。今月の曲タイトルは「Precious Rule」。
しっとりとしたイメージになっています。(新アルバム「Ethereal」に収録。後日紹介します)

メロディー音色にはChangmai、キラキラした金属的な音色を作るのには定番になってますね。その他に、ストリングには[KORG Module]からのKAPro Legato Strings 2、こちらも抜けの良いリアルな音色で、バックを引き立てています。

Gladstoneはドラム、Madridはベースの各音源はリアル志向の音色です。Kamataはナムコのゲーム用音源からの移植です。そのままですと音が立ちすぎるので、フェイザーを使って滲ませています。(音源についてはこちらをご参照ください)

P1020656

K2さんの質問より、音源のKAMATAでちょっとしたゲームが裏技で出来ることをお話しました。詳しくはヒミツです。

P1020663

笹川さんより、曲中のテンポ変更について可能かという件がありましたが、今の所出来ないようです。Ableton LinkやMIDIシンクによる外部からの操作なら可能かもしれませんが、プロジェクト内で完結は無理なようです。残念ながら、本格的にDAWとして使用するのは機能不足ではあります。

その他の話題として、直前に行ってきたAUGM東京の紹介がありました。

(関連する話題ですが、KORG USB-MIDI DriverはmacOS High SierraやMojaveでLogic Pro Xとの不具合があります。CoreMIDIエラーが出るようでしたら、こちらからアンインストールしてみて下さい。)



KORG CLIPHIT(山白)

P1020696

コルグ「CLIPHIT」は何でもドラム練習キットにしてしまう変わった楽器です。卵型をしており、スピーカーや端子が内蔵されています。フットペダル1つ、クリップ3つが付属しています。



コルグで紹介されている動画を貼っておきます。フットペダルはキック、クリップはキック、スネア、ハイハット(オープンにはもう一つフットペダルが必要)となります。

P1020690

クリップは0から2〜3cmほどまでで挟む事が出来ます。対象はどんなものでも構いません。挟んだものをセンサーが検知して、本体からドラム音を鳴らす事が出来ます(外部出力対応)。挟む素材によって、感触が異なるようです。

P1020686

ドラム音色も変更できます。動物の鳴き声も鳴らせるようです。触ってみると見た目の意外な感じと、音を鳴らすことが単純に楽しい楽器ですね。

残念なのは生産が完了している事ですね。本物の楽器ではなく、楽器でない物で音がする意外性が受け入れにくかったかもしれません。まだAmazonなどで新品で手に入るようですので、ご興味を持ちましたらお早めに。



Aftershokz TREKZ AIR(仁井田)

P1020693

[TREKZ AIR](トレックスエアー)は骨伝導タイプのイヤホンです。音質が良く、今まででは出ていなかった低音部分などが聞こえます。マイクも内蔵されているので、電話に出る事も可能です。

P1020707

骨伝導ですので耳の穴を塞ぎません。そのため周りの環境音が聞こえますので、外出時での事故を防ぐのには有用ですね。耳栓も付属していますので、音をしっかり聴きたい場合に装着します。防水機能もあり、スポーツ中でも気兼ねなく使えそうです。

P1020709

仁井田さんが出演されている[語り]で、文章を覚える際にも活用されていたそうです。



iLokなどのドングル型キーについてなど(須藤)

P1020722

須藤さんより、[iLok]のソフトやハードについて全体的な説明がありました。
iLokとは、主に音楽系のソフトウェアの認証を用いる際に使われる仕組みです。

iLokソフトウェアではライセンス期限などの説明や、オーソライズの仕組みについてがありました。

P1020713

各オーソライズ情報の頭には、情報をどこに置けるかが分かります。アイコン表示で濃い色が対応している意味です。どのドングルに対応か、もしくはクラウドに置く事が出来るかなどが分かります。

P1020710

須藤さんはiLokキーを複数所持しており、マスター用、スレーブ用に分けて使用されているとの事です。

iLokキーの他に、同様な仕組みとしてはWavesのキー、eLicencerのキー、Ignitionキー(Propellerhead Reasonなどで使われる)などがあります。

類似として、芝さんのMacBook Proでマザーボード交換になったため、修理前の情報で使えないiLokキー情報が表示されてしまった話題がありました。



iZotope Vocal Doubler(須藤)

P1020727

[Vocal Doubler]は、その名の通りトラックを重ね合わせたような効果を出すプラグインです。

曲中のボーカル音を際立たせる方法として、同じ音程で歌った複数テイクの録音を重ね、厚みを出す方法があります。これを1つのテイクに掛けるプラグインだけで再現してしまいます。



こちらもiZotopeで紹介されている動画です。真ん中のレバーを回すように動かすだけで、あたかも重ね合わせたような効果が出ています。不自然な感じもしませんし、なかなか有用なプラグインです。これが無償となっていますので、お試しにいかがでしょうか。

同じような効果として、K2さんからビートルズで使われていた[ADT](Wiki)の紹介がありました。

P1020731

他に、イコライザー「Sonible smart:EQ2」、コード解析をリアルタイムに行うプラグイン「HoRNet SongKey MK2」の紹介がありました。



2018年11月の定例会は11月3日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について