「Macで音楽クラブ 2017年7月定例会」のレポートです。

開催日時:2017年7月1日(土)15:00~18:00
参加人数:13名(ゲスト1名を含む)

IMG_0578



■DAWプラグインの紹介など(芝)

IMG_0533

DAWで使うプラグインから、フリーでインストールできるものを紹介しました。

[Audio Assault The Punch]はアタック音を強調するプラグインです。操作できるのは一つのノブのみと簡単で初心者でも手軽に扱う事が出来ます。ここではキック音に掛けてみました。自然にアタック音が出てきますね。(紹介時点では無償でしたが、現在は10ドルで提供されています)

IMG_0547

右下のプラグインがThe Punchです。須藤さんによると、古いレコードでの音源など、鈍ってしまった音を戻すにも使えそうという事です。

IMG_0551

[Brainworx bx_subfilter]は低音を強調するプラグインで、キック音の低域増強に向いています。別の製品版からこの機能を抜き出して無償提供されているようです。

Presonus Studio OneとLogicの聴き比べも併せて行いました。再生エンジンの違いで、Studio Oneの方が分離がよく聞こえます。



Tuna Knobs(須藤)

IMG_0557

[Tuna Knobs]はiPadにいわゆる「つまみ」を実際に付ける事が出来ます。設置方法は簡単で画面に吸盤で固定する事で完了です。早速iPad Air 2のKORG Gadgetで試してみましたが、アプリかハードの相性なのかわずかに数値が変わるのみでした(他の方のiPadでは動いたそうです)。

非常にユニークな製品で、ライブパフォーマンス的にも使えそうです。機会がありましたら、別アプリなどでも検証してみたいと思います。



KORG Gadget for iOSでの曲紹介(ノグチ)

IMG_0743

今月も[KORG Gadget for iOS]で制作した新曲を用意しました。タイトルは「Tropical Day」です。(今回も現時点での公開はありませんので、ご了承ください)

会員からは、YMOのような曲、他にニューヨークの十二番街で黒人の青年がスキップしているようなイメージという感想がありました。

IMG_0741

Gadgetのトラックごとに掛けられるDecimatorというエフェクトを使って、ドラム音のビットを下げて荒い音を混ぜ特長付けています。

IMG_0742

[iWAVESTATION]からのパッドとGadgetのを同じフレーズで組み合わせて厚みを持たせています。他に、Gadgetにはアルペジオフレーズを自動的に生成する機能があり、それを使って作成した音をエディットしてオリジナルを加えています。
 
イントロはドラム音源「Recife」と効果音を使い、ここだけピッチが上がるような効果を入れる事でインパクトのあるフレーズを持たせています。

メロディ音色は、持続音にしても16分音符で刻むような特長あるフレーズを採用しました。



■曲アレンジをしてみよう企画(笹川、ノグチ)

IMG_0582

笹川さんの提案により、笹川さんとノグチがそれぞれ1曲ずつメロディーを作り、会員の皆さんが思い思いにアレンジしてみようという事になりました。

・曲について

メロディーとコードのみの曲(32小節)を用意しました。楽譜とLogic、midiデータがあります。

笹川さんは4分音符の3連があり、延ばす所もありと大きく変化する曲となっています。ノグチが用意したものは8分音符が中心の比較的速いテンポの曲です。

・アレンジについて

それぞれコードを付けていますがこのままでも良いし、部分部分で変化させても良い事としています。テンポも自由です。全体のキーの変更も可能です。音色に合わせるため全体のオクターブの調整をする事も出来ます。メロディーをリズムに合わせるために、メロディー譜割の変化させる事(跳ねたり、その逆)もOKとします。

ただし、曲の一部分のみを生かして大幅にオリジナルメロディーを付け加える、または前後を入れ替えたりするような構成の変化はご遠慮下さい。

データーにAppleLoopsを貼り付けてみたり、それぞれのDAWにインポートして作業されても良いです。まずは途中まででも良いので、作ってみましょうという事になりました。

IMG_0587

他に、橘さんより前回紹介した[32Livesの動作チェックリスト]の紹介がありました。残念ながら、探していた「Kick-Ass Brass!」の表記は無いそうです。



iPad Pro買いました(伊藤)

IMG_0593

伊藤さんがお買い求めになったのは、[iPad Pro 12.9インチ 512GB]です。 所有している前世代のiPad Proは当初128GBまでしか無く、音楽や写真が入りきらなかったため、全部入りきれる容量をお求めになりました。

前世代とはスピーカーの位置が数ミリ内側によっているくらいでほぼ同サイズですので、そのままケースを流用しています。ペンの書き心地が新型の方が若干スムーズに動きます。しかし、たまに動作を一切受け付けなくなる症状があるそうです。

IMG_0594

ブラウザを触っていても起きるため、特定のアプリが原因ではないそうです。少々困った問題ですね。次のOSのアップデート待ちになるのでしょうか。

他に気になる点としては、前世代のiPad Proに入れていたアプリを新型の方へ入れたいのですが、iTunes側にipaファイルのバックアップが残っていなかったため、何か方法があると良いのですが・・・。(ちなみに前世代iPad Proのバックアップイメージからは復元していません)



Sonnet Echo Express SE II(須藤)

IMG_0609

[Sonnet Echo Express SE II]はThuderbolt 2接続のPCIe拡張ボックスです。Macと接続する事でPCIeボードを最大2枚扱う事が出来るようになります。

IMG_0615

システムレポート上で、Thunderbolt接続されている事が確認出来ます。現行のMac本体内に様々なPCIeボードを拡張出来るタイプの製品はありませんが、OS内には仕組みとして残っていますので、こういった拡張製品により認識する事が出来ます。

IMG_0600

本体にはフルレングスタイプが2台設置出来ます。2スロット分のスペースを必要とする空きスペース1つとファンがあります。

3DやVR処理などのボードは当然MacBook Proには設置出来ませんが、このような拡張方法が今後増えてくるでしょう。次期macOSのHigh Sierraでは外部グラフィックスの処理を許可するようになる(参考リンク)予定です。

IMG_0613

[Sonnet Echo Express SE II]はThuderbolt 2端子を2つ搭載しています。これにUSB-C-Thuderbolt 2アダプターで変換してMacBook Proに接続しています。システムレポートにThuderblot 2の最高速度「20Gb/秒」の表示があります。

須藤さんは最近この製品を手放す方から早速購入されたそうです。この製品は1世代前の製品ですので、Thuderbolt 2までの接続となります。

カメラを沢山挿すボードや、グラフィックボードなど取り付ける事が出来ます。ちなみに、Thunderbolt 3ではライセンス料フリーになり、普及が見込まれます。Windowsの世界では標準搭載が始まっているそうです。MacBook Proにこれを繋げて作業、そして持ち運びたい時は外して身軽になる作業方法も興味深いです。



2017年8月の定例会は8月5日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について