2017年2月定例会(後半)が行われました。
日時:2017年2月4日(土)15:00~18:00
参加人数:14名(ゲスト2名を含む)

IMG_8441

[前半はこちらにあります]。



■自宅スタジオの紹介(タオカ)

taokaIMG_1953

タオカさんが自宅スタジオの制作過程を紹介しました。

IMG_8472

住まいから音の干渉が少なく反響の少ないような部屋を探しました。周りの環境は国道から200〜300mはなれた鉄筋の住まいだそうです。

そして、スタジオ部屋の採寸を行い各所に吸音材を設置しました。

IMG_8473

正面の吸音材にはホームセンターで購入したグラスウールを設置しました。
建材にいれるような960ぐらいの数値の密度で、叩くとコンコンいうようなしっかりとした物を接着剤を使い固定しました。

ここで以前にグラスウールを使って作業された方からご指摘があり、グラス(ガラスの事)ですので繊維により目や肺が傷ついてしまい、作業後一週間ほど目が開けられなったそうです。

グラスウール自体を布で包む事も大事ですし、設置時には何かしら防御するように気をつけた方が良いかもしれませんね。

taokaIMG_1949

吸音材にはサウンドハウスの[SONEX]も採用しています。

こうする事により、一時反射音の軽減や高域の不要な響きを軽減して、かなり静かになったそうです。iPhoneアプリの騒音計で30デジベルほどの(図書館ぐらいの騒音)静けさとなりました。

部屋の大きさは6畳でスピーカーの裏にクローゼットが2畳あります。 機材の設置方向にも個性が出ていますね。

IMG_8481

今まではヘッドホンでミキシングされていたので、音圧とか気づきづらい部分を解消出来ました。

縦にモニターディスプレイが2台並んでいるのは、モニタースピーカーへの音の干渉を軽減するためだそうです。考えられていますね。

IMG_8492

 その他にミキサーやヘッドホンなどを新調された事や、ミキサー出力ついての相談がありました。



■USBブレスコントローラーの紹介(ゲスト 末松さん)

IMG_8495

芝さんのお知り合いで、遠く九州からお越しいただきました。ありがとうございます。

末松さんはMEDIAPLANET株式会社(プロフィール)を運営しており、昔はレコーディングエンジニア主にされていたそうですが、最近は編曲・作曲と内容が移っていったそうです。

DTMでの生楽器に近い打ち込みをしたかったそうですが、特に尺八は再現が難しかったそうです。サンプルベースで行うと、どうしても似通ったフレーズしか出来上がらないという壁にぶつかっていました。

IMG_8500

なんとかリアルタイムで演奏できるものは無いのかと思っていた所、[Sample Modeling]社の音源を使ったフルートの演奏している動画があり、それが尺八に近い動作をしていました。

これに気づいて、もしかしたら何とか出来るのでは?といろいろ調べました。

まず、USBブレスコントーラーの[USB MIDI Breath and Bite Controller 2]を使います。

IMG_8506

普通のブレスコントローラーは息の量だけ検知して、それをコントロールチェンジ2やエクスプレッションに割り当てる事しか出来ませんでした。 

[USB MIDI Breath and Bite Controller 2]では息の量の他に、マウスピースの所を噛む力量を検知、さらに本体の角度を検知出来るようになっています。

IMG_8504

音源は[Sample Modeling The Flute]を使います。
試しに音を出してみます。上下の首振りでピッチが変わります。首を右に傾けるとビブラートにに設定し、マウスピースを噛む事で割る音を表現します。

IMG_8517
 
さらに、スタイルをクラシックからエスニックに変えブレスを127に上げます。演奏してみますと、不思議な程に尺八になっているではありませんか!

もちろん、これには奏法にもコツがあって、フレーズの頭にに装飾音を加えたり、ブレスやピッチベンドをうまく活かすことによって尺八になっている訳ですね。

この楽器により、今まで2時間作業が必要だったのがわずか数テイクの5〜10分で演奏できてしまい、仕事でも大活躍だったそうです。

IMG_8522

他に、つい先日Sample Modeling社からソロバイオリン音源も発売され、こちらも紹介していただきました。フルート音源は全部入りのため価格が3万円弱ですが、こちらは単音源のため1万5千円ほどとお安くなっています。 

バイオリンの場合は上下首振りの機能はOFFにします。

IMG_8513

今まではスタッカート・レガート・ビブラートと奏法に合わせ細かくキースイッチで切り替えていました。このブレスコントローラーで不要になり直感的に演奏出来ます。

音源は他にもビオラ、チェロと各種揃っています。モデリング音源は容量が軽く助かりますね。

IMG_8533


ここで、伊藤さんより、[AKAI EWI USB]で演奏してみたい申し出がありました。

家のiMacではBluetooth規格が対応していないため、無線で演奏出来る事が楽しいです。
EWI USBはピッチベンドに対応していますが、ビブラートは吹き方で対応しなければならず、バイトの感じも違うそうです。

末松さんはこの定例会で当クラブにご入会いただきました。今後は九州でも「macで音楽クラブ九州支部」として活動されたいとの事です。

他の話題として、ブレスコントローラに対応したiPad音源がありました。
 

■macOS Sierraでtc electronic PowerCoreを動かす(須藤)

IMG_8546

関連製品が販売終了となって久しいDSPプラグインの[tc electronic PowerCore]シリーズですが、未だ個性的な音色に手放せないユーザーが世界中にいます。

UADとの提携発表も過去にあったのですが、tcシリーズのプラグインとしては販売される事なく現在に至ります。

IMG_8550

非公式の[PowerCore 4.5 beta72]により、最新のmacOS Sierraでも動作する事が可能となりました。今までは動作はしたものの特殊なテクニックが必要(環境によって不確実)だったのが、このインストーラーだけで動作したとこの事です。

IMG_8556

プラグインは32ビットですので、[SoundRadix 32Live]経由で64ビットに変換しDP9上で動かしています。

IMG_8559-2

他にも機材をお持ちいただきましたが、またの機会に・・・。



2017年3月の定例会は3月4日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について