2017年1月定例会が行われました。
日時:2017年1月7日(土)15:00~18:00
参加人数:12名

IMG_8331

明けましておめでとうございます。本年もMacで音楽クラブをよろしくお願いします。



■新MacBook Pro(あらせ、芝)

IMG_8265
 
先月販売開始された[MacBook Pro(2016)]ですが、早速お二人が購入されました。

あらせさんは13インチモデル、色は新色のスペースグレイです。

IMG_8268

同じく、購入された新車のMINIをデスクトップ背景にされています。

IMG_8270

注目の新機能であるファンクションキーの代わりに搭載された[Touch Bar]です。Keynoteを[Touch Bar]に表示してみました。ですが、スライドの文字があまりに細かくて読めません...。機能としてはイマイチですが、今後の改良で良くなる事を期待したいです。

また、本体の外部接続端子がUSB-Cポート4つのみとなりました。そのため、以前のMiniDisplayポート-VGAの変換アダプターなども使えなくなりました。こういった周辺機器の対応も考えなければなりません。

IMG_8287

芝さんは15インチモデル、色はスペースグレイです。
CPU、GPUを上位カスタマイズをして、SSDはなんと2TB!を選択され過去最高額になったとの事です。

芝さんは友人からのアドバイスで、[Touch ID]に中指を登録したほうが良いと勧められたそうです。キーボード操作から一番長い指である中指が楽にアクセスしやすいからだそうです。

IMG_8296

Touch Barの方はFinder、Safari、iTunesなどが便利に利用できます。
他の主要ソフトではPhotoshop、Final Cut Pro、そしてメールの振り分けにも使い勝手が良いそうです。

IMG_8299

前のMacBook Proでは換装して1TBのSSDにしたものの、すぐに不足状態になってしまったそうです。今回のMacへは移行アシスタントを使わずに丁寧に作業した結果、これだけ空きスペースを作る事が出来ました。

IMG_8302

USB-Cポートからの変換には[TUNEWEAR Almighty Dock C1]を使っています。芝さんはMacBook 12インチも所有していますので対処が早いですね。

ちなみにこの製品、なんでもUSBポートの作りが変わっているそうで製品の見た目と上下逆に差し込むのが正しい位置だそうです...。

*****

最近は性能も熟れてきており、新しいMacへ移行せず長期間使い続けている方もいます。

しかし機械ゆえに次第に不具合も発生しますし、それを抱えながら使うか新しい環境へ移行するか、移り変わりに合わせてバランスを取るのが難しいですね(ノグチ)。



KORG Gadgetのソングアレンジ(芝)

IMG_8304

[先月ノグチがKORG Gadgetでの作曲データを公開する紹介がありました](データはダウンロード出来ますのでお試しください)。このデータを使って芝さんがアレンジを加えてみたものを紹介しました。

出力方法の違いで2パターン作成しました。

・1パターン目
GadgetからMIDIデータを書き出し、LogicにMIDIデータをインポートしてLogic上のソフト音源を使って再生する。

・2パターン目
Gadgetからオーディオでトラックごとに書き出し、Logicにオーディオを貼り付けて再生する。

IMG_8308

1パターン目では、GadgetからStandard MIDIデータをDropbox経由で書き出しました。各トラックずつ小分けのMIDIファイルになります。

なお、トラックが途中から音が始まっている場合は、その位置からのMIDIデータになってしまいますので注意が必要です。(ダミーのデータを頭に入れれば解消できそうです)

元の音源と同じような音色やエフェクターを掛けてみたそうですが、Gadgetのオリジナルに近いを出すのがなかなか難しかったそうです。

IMG_8315

2パターン目では、計16トラックの書き出しの10トラック目でタイムアウトしてしまったそうです。この点は書き出しを繰り返せばOKだそうです。

いずれもGadgetの不具合のようです。しかし、オーディオの場合は頭からのデータになっているので、同タイミングで合わせておけば問題なく作業が出来ます。Logic上でステレオ幅の調整など、Gadgetより高度に音色を追い込めます。

IMG_8318

また、Logic以外のDAWの[Presonus Studio One 3]も試してみました。

LogicやCubase、DPのように過去の仕組みを引きずっておらず、新たに作られた64bitソフトですので他のDAWに比べ機敏に動作します。

音の方にも影響があり、再生音もLogicと比べてみましたが、わずかに分離が良い、わずかにコンプが掛かっていないように聴こえたという意見がありました。

須藤さんから、オーディオエンジン以外にも様々な条件によって出音が変わってくるという事の解説がありました。

IMG_8320

最上位版では、Melodyne Essentialが収録されておりピッチ修正も高度に行えます。[iPad用のコントローラーアプリ]も用意されていたりと、機能的にはかなりの水準になってきています。

その他にUSBブレスコントローラーを購入した話題がありました。海外から輸入するため届くのに時間が少しかかるそうで、次回の紹介が楽しみです。

IMG_8327
 
コントローラーのみですので、音源は別に用意する必要があります。

[Sample Modeling社]の製品が優秀で、AKAI EWIを所有している伊藤さんも幾つか購入されているそうです。奏法に対する音の変化は、モデリング音源の方が実際の楽器に近づけていくことが出来ます。



■プラグインの紹介(須藤)

IMG_8342

[MOTU Digital Performer 9]を使ったAudio Unitsプラグインの紹介がありました。

IMG_8343

[brainworx bx_rooMS]は昔からミッドサイド処理の定評があるbrainworx社によるリバーブプラグインです。ミッドサイド処理でリバーブを演算するため、他のプラグインに比べ音の広がり方に特長があり、広がり感を抑えつつも奥行き感を出せます。(99ドル)

昔は処理負荷がかかるためDSPチップでの動作でしたが、今はCPUソースが豊富になりネイティブで動くものでも十分機能します。

IMG_8344

[FabFilter pro-R]も同じくリバーブプラグインです。グラフィカルにリバーブのかかり具合が見えるのが特長ですね。

タイプとしては部屋の反射をシミュレートして演算する方式です。昔のリバーブではありえないような反射音を作り出していましたが、このプラグインは部屋の反射を想定して正確に演算しているため、自然な響きをもたらします。(169ユーロ)

IMG_8349

DAWを換える事も音の再生に影響する事が先ほどの事により分かりましたが、良いリバーブやリミッターなど自分の好みの再生音を揃えた方が、トータルで求めている音に近くなるそうです。

IMG_8347

おなじみの[iZotope Ozone 7]です。

マスタリングツールということで、この1つのプラグインの中にEQ、ダイナミクス、エキサイター、イメージャー、ビンテージリミッターなど一通りの機能が揃っています。(249ドル)

こちらも度々紹介しています「DCオフセット」です、エフェクターや各処理のためにずれてしまった音の定位を0の位置に修正してくれます。ごくわずかな異常な状態を正常に戻す役割があります。

ディザー処理も同じくレベルメーターで見えるようになっています。

細かい調整は難しい方にはプリセット方式の[Ozone 7 Elements]もオススメです。(129ドル)

いずれのプラグインもデモ版が用意されていますので、実際に自宅の環境で試して体感してみる事をお勧めします。



2017年2月の定例会は2月4日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について