2016年11月定例会が行われました。
日時:2016年11月5日(土)15:00~18:00
参加人数:9名

IMG_8142



KORG ARP ODYSSEi(長峰).

IMG_8073-3a

(上図はMacに映像を取り込んでいるため、Macウィンドウ内の表示になっています)

アナログシンセサイザーの名機「ARP Odyssey」をコルグがハードウェアシンセサイザー「KORG ARP ODYSSEY」として去年復刻発売しましたが、こちらはその復刻された物をベースに「KORG ARP ODYSSEi」としてiOSアプリ化しました(iPad/iPhone両対応)。

ポリフォニック対応やエフェクターの搭載など、実機よりも数多くの機能向上を施しているとの事です。ソフトシンセですので、音色の切り替えが簡単に出来ます。

IMG_8066

AudiobusやInter-App Audioに対応して外部アプリでの取り込みも可能になっています。試してみましたが問題なく取り込めていました。ただし、Audiobusはテンポの連携が出来ないので、アルペジエイターなどタイミングが難しいですね。

IMG_8071-2a

Multitrack DAWにAudiobus経由で取り込んでいます。
また、ARP ODYSSEiはKORG Gadget内で音源としても活用出来ます。こちらは同期するはずですので簡単に使えそうです。

IMG_8078

元のARP Odysseyには時期別に3つのバージョンがありました。アプリでは内部課金でRev1、Rev2として追加できます。長峰さんは早速追加購入されていました。素早いです。

ちなみに発売記念で11月末までアプリセール価格(3,600円→2,400円)となっていますのでお早めに。
 

Music Memos再チャレンジ(芝)

IMG_8085

Appleの純正アプリ「Music Memos」は曲のアイディアが浮かんだときにさっと録音できるアプリです。(iPad/iPhone対応 無料)

前回[2016年2月]の紹介では、もう一つ使いにくいという事になっていましたが、今回はちょっとしたテクニックを紹介しました。

IMG_8090

Music Memosでは録音するだけで拍子とコードを解析し、ドラムとベースフレーズを付加してくれます。

あれから多少のバージョンアップはありましたが、解析精度はほとんど変わっていないようです。曲によって頭のタイミングが合うもの、合わずに拍子ずれのまま進行してしまうものがありました。

その際は編集画面が用意されていますので修正する事が可能になっています。また、コード間違いの部分も画面下部から修正出来ます。

IMG_8094

リズムは工夫する事でブレイクを挿入する事が出来ます。上手ではコード部分を短くしフィルイン的な部分を作りました。また、エンディングでワンショットにしたい際には囲い部分を線状にまで詰めると出来ます。

データはGarageBand(iOS)やMacのGarageBand、Logic Pro Xで開く事が可能になっています。こちらでさらに曲として作り上げていく事が出来ます。 

IMG_8102

リズムはMusic Memosでのパターンがなっていますが、こちらも簡単にドラムプレーヤーを変えることで音色やフレーズも一新する事が出来ます。

IMG_8103-2

ベースはMusic Memosでのキーで鳴っています。ここでAppleLoopsなどを貼り付けるとキーも連動してくれると良いのですが、残念ながらGarageBandでそのようにはならないようです。

Music MemosでのキーもGarageBandやLogic Pro Xなどに記憶されていると、さらに使い勝手が良くなるように思いました。今後に期待です。
 

Smart Beam Laser(芝)

IMG_8108

[Smart Beam Laser]は超小型で手のひらサイズのレーザー投写式プロジェクターです。

この大きさのプロジェクターは画期的だと思います。195gの重さの中に内蔵バッテリーもあり2時間駆動するとの事です。Wi-FiとHDMI接続に対応しています。

解像度も720pのハイビジョン画質ですので、iPhoneなどのフォルダ名も見やすいですね。 

IMG_8109
(写真はシャッタースピードの関係でブレていますが、実際は問題なく見られます)

同社の[Smart Beam Screen]も合わせて使用すると持ち運びに便利ですね。さすがに明るさは100ルーメンで周囲が明るいと少々見づらいので、照明を落としてあげるとよりはっきり見えます。

IMG_8117

レーザーということで仕組みは分かりませんが、一般のプロジェクターでは必要なピント合わせが、この製品は何もせずに自然に合った状態で照射する事ができます。天井に向けたり段差がある場所でもピントが合うのも興味深いです。

芝さんは二次会などでこれを広げて披露しているそうで、興味を持たれた複数の方が購入されたとの事です。



■radiko.jpのタイムフリー聴取機能(ノグチ)

31

インターネット経由でラジオが聴ける[radiko.jpアプリ]に[タイムフリー聴取機能]が追加されました。上の選択欄から「タイムフリー」を選ぶと過去一週間以内に放送された番組(一部除く)を聴く事が出来ます。

IMG_8124

番組あたり3時間以内に聴く必要があり、再生を始めた時点でカウントダウンが開始されます(アプリ起動時間ではなく実時間で減少します)。再生位置は自分で選択できるようになっていますので便利ですね。

エリアフリーのように登録や費用がかかる事がありませんので気軽に使えます。ちなみにiOSはアプリで、MacではSafariなどの[Webブラウザー経由]でお聴きください。radiko.jpガジェットソフトでは未対応となっています。



Spotify(ノグチ)

41

Macで音楽ストリーミング配信というと[Apple Music]を思い浮かべますが、海外では世界最大のサービスをしている[Spotify]がようやく日本でも展開されるようになりました。

Spotifyといえば、無料(フリー)プランもある事が大きなポイントです。

有料のプレミアムプランに比べると、
・若干音質が落ちる
・広告あり(最初に動画広告があり、その後時々音声広告が入るetc.)
・iPhone版アプリではシャッフルプレイのみでスキップ不可(iPad版では制限なし)
・オンライン再生のみ

00

などの制限がありますが、登録のみで聴けるプランがあるのが大きなメリットです。
歌詞の表示も対応曲では出るようになっていました。

ソフトではSpotifyが作成したおすすめプレイリストがあり、自然に未知のアーティストのチェックができるようになっています。お気に入りの曲/アーティストが見つかったらフォローをしておく事で簡単にアクセスする事が出来ます。

また、iTunesのプレイリストもこの中から参照できるので、ソフトを行き来せずにSpotify上で聴く事も可能になっています。

32
(※手前がiPad、後ろがMacの画面です。画像を取り込んでいるのでQuickTimeのコントローラが写っています)

iOSアプリからリモートコントロールをする事も出来ます。iPadのアプリをリモコン代わりにして、MacのSpotifyプレーヤーを再生する(この場合はMacから音が出ます)事も可能になっています。

このように、素晴らしいサービスですが今は招待制となっています。メールアドレスを登録した後に招待コードが届くまで待つ必要があります。サービス側の負荷が急激に増えないようにするための処置のように思います。

少しずつですが、広まっていくと良いですね。



■音楽配信を開始しました(ノグチ)

私が毎月定例会で紹介していた曲を、今回まとめてアルバムリリースしました。

タイトル名「Gadgets」(ガジェッツ)
アーティスト名「Tolkkis」(トルキス)

tolkkis_gadgets

ご試聴や購入サイトへのリンクは[こちらのアーティストページより行えます]。
[iTunes Storeの販売ページはこちらになります]。

楽曲の販売形式はご購入のみになり、Apple Musicなどのストリーミング配信はありません。同時に[Amazon]など他の配信サイトも開始しています。

58

音楽配信サービスは登録代行業者(アグリゲーター)を通して行いました。
検討した所、[TuneCore JAPAN]という所にお願いしました。

一年間シングルなら1,410円(税別)、アルバムなら4,750円(税別)で登録出来ます。

登録代行業者によっては売り上げからさらに手数料を取る場合もありますが、ここでは全て還元されるそうで分かりやすいです。(iTunes Storeなど配信を運営している所の手数料はあります)

また海外の業者と違い日本語でやりとりでき、空欄を埋めていく事でスムーズに行えるのもメリットですね。

申請審査からわずか2日ほどでiTunesの登録作業が完了しました。時期によっては長くなる事もあるようですが、非常に早く開始されたのには驚きでした。

IMG_8125

楽曲はiPadアプリの[KORG Gadget](一部除く)で制作しました。天王寺アップルクラブのポッドキャスト番組「TAC Podcast」にてBGMとしても使用されています。

41

楽曲のマスタリングは信頼性を考え、MacのLogic Pro Xで行っています。

プラグインでは、サチュレーションプラグインの[Softube Saturation Knob]やエキサイター[La Petit Excite]など、隠し味的に使用した部分、曲前後の処理の解説を行いました。

その他のプラグインやアプリの使用一覧については、[アーティストページ]の下部にある「もっと見る」というタブをクリックすると表示されます。

WAVファイルに書き出した後にCD-Rに焼き、通しでの問題もないかチェックもしています。
 


Qtuo royaler Bluetoothスピーカー(ノグチ)

IMG_8140

[Qtuo royaler Bluetoothスピーカー]は手軽に持ち運べるサイズのBluetoothスピーカーです。

Amazonのユーザー評価も良く、パッシブラジエーターを中央に搭載して低音から高音までバランスよく再生できる品物となっています。

IMG_8141

外見はアルミで出来ており、比較的高級感もあります。
軽くチェックした後、BOSE M2や[JBL Flip2]も交えて音質比較となりました。各社個性があって興味深いですね。



12月の定例会は12月3日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第2会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について