2010年8月定例会が行われました。
日時:2010年8月7日(土)16:00~18:00
場所:喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店
参加人数:9名

DSCF5078.jpg


AUGM東京のイベント参加について(オヤマ)

DSCF5072.jpg

9月4日(土)にAUGM東京が行われます。
詳しくはhttp://tokyo.augm.net/へどうぞ。

日時:2010年9月4日(土)12時開場 18時閉場
場所:ヤフー株式会社 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー

(申し訳ございませんが、入場者登録は定員に達したため閉め切られています。)

AUGM東京とはAppleユーザーグループが主催する都内で行われるイベントです。ベンダーさんによる最新製品の紹介やユーザーグループによるの発表など楽しい催しとなります。

Macで音楽クラブも主催ユーザーグループになりました。
15分ほどのプレゼンテーション枠とブースを設けることになっています。

DSCF5067.jpg

プレゼンテーション枠の予定としては

・ブログを見せながら活動内容を紹介
・ガジェット演奏(iPad、iPhone、iPod touchなど)
・合宿ビデオ紹介(小林)

以上のような計画をしております。お楽しみに。


■Bluetoothキーボード(オヤマ)

DSCF5065.jpg

Bluetooth接続の入力用キーボード「リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJを購入されました。

DSCF5098.jpg

写真の様に半分におりたたむ事ができ、付属のケースに入れる事で手軽に持ち運ぶ事ができます。
iPhoneを立てておくスペースも作る事ができます。入力に便利ですね。

価格:8500円ほど(amazon)


Digital Performer 7.2DP Controlの紹介(ノグチ)

DSCF5086.jpg

Digital Performer 7.2

2010-08-071722.jpg

大きな変更点としては、テーマの変更が可能になりました。テーマを切り替える事で見た目が大きく変わります。
Logic風やProTools風、オリジナル感のある色が入った物にもすることもできます。

次に右クリックメニューに対応した事です。今まで無かったのが不思議なくらいですが、あると便利ですね。
昔のウィンドウ内にあったミニメニューを思い出します(笑)。

その他にもライブサーチなど、細かい変更を加えられています。
DP7のユーザーは無料アップデートになります。

DP Control

DSCF5089.jpg

加えてDigital Performer 7.2から使える機能として、iPhone/iPad/iPod TouchアプリのDP Controlがあります。

このアプリケーションにより、iPhone/iPad/iPod Touchがwifi経由でDPのコントローラになります。
トランスポート機能(再生、停止、録音、マーカー送りなど)を画面上で操作できます。また、フェーダー操作も可能なので、とくにiPadは拡大する事ができるので、より快適に編集することができるようになります。

価格:無料

[設定方法]

2010-08-071726.jpg

あらかじめMacの無線LAN機能をONにしておいた上で、Digital Performer側でコントロールサーフェイスの設定をOpen Sound Controlにします。

DSCF5084.jpg

DP Control(iPad)側でソフトを立ち上げるとMacを認識しますのでクリックすると繋がります。

DSCF5094.jpg

会員の皆さんにも試して頂き、無線で繋がるのは好評の様でした。実際空いたスペースに気軽に置けそうですね。


■iPadにUSB Audioインターフェイス接続(長峰)

DSCF5100.jpg

iPad Camera Connection Kitは本来カメラやSDカードを接続して写真を取り込むためにあるのですが、裏技としてUSBオーディオインターフェイスを認識する事が分かっています。
この機能を使ってiPadのソフトでレコーディングが出来るか挑戦してみました。

DSCF5061.jpg

・USBオーディオインタフェイス:JamLabを接続(価格:7000円ほど)
・ソフト:MultiTrack DAW(価格:1200円)


DSCF5103-2.jpg

この機能は裏技なので、USBオーディオインタフェイスとレコーディングソフト両方それぞれが対応しているものを揃える必要があります。いろいろ試してこのMultiTrack DAWとの組み合わせだけは使えたそうです。(MultiTrack DAWはメーカーよりUSBに対応したというアナウンスあり)


■iPadでiRigを使いベースにエフェクトを掛ける(長峰)

DSCF5108.jpg

iRigはiPadのヘッドフォン&マイク端子に繋ぐ事により、ギターやベースなどをiPadに入力する事ができます。
また、AmpliTube for iPadを使うことにより、ギター・アンプ&エフェクト・システムになります。

DSCF5105.jpg

AmpliTubeシリーズのストンプ、アンプ、キャビネット、マイク・モデルが表示されています。それぞれを組み合わせることでリアルなギター&ベース音を生み出します。

DSCF5109.jpg

しかし、残念ながら出力されず確認できませんでした(直前の実験が影響を与えていたようで、後日試してみた所できたそうです)。惜しいですので次回に持ち越しとなりました。

iRigの価格:4830円
AmpliTube for iPadの価格:0円 or 2300円


次回9月4日の例会は当日AUGM東京のイベント出展のためお休みします。
次次回の例会は10月2日(土)を予定しています。

(価格は参考であり、掲載時のもので変動します)
(ブログ担当:ノグチ)