Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

2016年2月定例会が行われました。
日時:2016年2月6日(土)15:00~18:00
参加人数:17名(ゲスト1名含む)

IMG_4519



KORG Gadgetでの曲紹介(ノグチ)
 IMG_4521

先月に引き続き、[KORG Gadget]で制作した新曲を紹介しました。タイトルは「Fluid Element」。

IMG_0648

今回は使いたい音源があり、それを中心として構成しました。Gadget標準の「KINGSTON」という音源です。見た目が昔のアーケードゲーム機っぽいですね。

音も昔のファミコンのようなサイン波やビープ音などがあり、ピコピコ音が楽しいですね。

IMG_4522

前回と同じようにGadgetのみでリミッターを掛けたバージョンと、マスタリングアプリであるPogitive Grid [Final Touch]で調整したものを聴いていただきました。Final Touchはファイルベースで受け渡してから使ったやり方が馴染み易いですが、AudioBusの外部エフェクトとしても使えます。高機能であるにも関わらず、安価ですのでお勧めです。



Music Memos(芝)

IMG_4526

Appleから突如発表された「Music Memos」という新しい音楽アプリを紹介しました。曲のアイディアが浮かんだらその場で録音できるアプリです。無料で提供されています。

さらに録音した曲に、自動的にコードとリズムを追加する事を選択できます、という夢のようなアプリですね。

分かり易い例として「Yesterday」冒頭部分をiPhoneから音楽を流してみました。

やってみた所、自動解析によりコードと小節が付加されましたが、何とも不思議なリズムとコードが付いてしまいました。

IMG_4532

リズムについては認識率を高めるコツがあり、小節に合わせて頭に軽く手を叩き音を加えると良いようです。そこで、もう一度試してみましたが、今度はシャッフルしたリズムが付いてしまいました...。

IMG_4542

編集画面がありますので、認識したコード種類が気に入らなければ自分で指定したものに修正する事が出来ます。また、小節位置を修正する事や、不要な部分などをカットする事が出来ます。

こうして出来たデータは直接GarageBandへの連携が出来ます。ベースはソフト音源、ドラムはDrummer(後述)に変換されますので、その後の編集にも役立ちますね。

ただ、まだまだ解析精度が足りないので今後の改良を期待したいと思います。



GarageBand 2.1(芝)

1月20日にアップデートされた[GarageBand]ですが、小数点バージョン以上の大きな追加内容となっています。

IMG_4547

今まではドラムの打ち込みには手打ちをするか、Smart Drumsという正方形の中にパーツを置いていく事で簡単にドラムフレーズを作る機能がありました。

今回搭載されたDrummerはLogic Proに搭載されていたものが移植されたもので、Smart Drumsをさらに高機能に分かり易くしたようなものとなっています。

IMG_4548

Smart Drumsのように正方形グリッドが左側にあり、ポインタを左に移動するほどフレーズがシンプルに、右に行くほど複雑なフレーズをGargeBandが自動で生成します。上下では音量の大小となります。

Drummerといえば、プレーヤーを交代させて新たなフレーズにも出来ますので、非常に便利ですね。

IMG_4549

ここで、録音を実際にしてみました。Drummerでフレーズを制作したのち、ソフト音源のベースを自動演奏します。こちらもAutoPlayを使い簡単にフレーズをいれます。

IMG_4551

ここで、Drummerに戻り、先ほどの設定画面右下の方に「フォロー」というスイッチがありますのでONにします。これでキック(バスドラム)のタイミングを、ベースの発音タイミングに合わせる事が出来ました。

Drummerを活用をしたいということで、全体的なフレーズを構成してみます。

8小節フレーズを真ん中で2つに分け、前半はタンバリンを消してシンプルな物に、後半は曲調を考えてフィルを多く入れたフレーズに変化させます。さらに後半2小節だけ切って細かくすると、簡単な操作で曲調に合わせた展開を作る事が出来ました。

IMG_4554

さらに応用編としてピアノも同じように加えていきます。

トラック毎のエフェクターとして新たにコンプレッサーが搭載されました。とはいえスライダーのみでの調整でGarageBandとしては細かい事はあえて出来ない作りとなっており、大まかに掛けるのに向いています。

このコンプレッサーは、先ほどのドラムなどの内蔵音源に掛けるのもあまりマッチしないそうです。これは元々調整が済んでいる音源だからでしょう。これは主に生録音に使うのが向いているそうです。

IMG_4558

イントロにドラム始まりで1小節だけ加えたい場合はソングセクション機能を使います。
右上にある「+」ボタンを押して追加し、セクションが後ろに付きますので前に持ってきます。そうしてドラムのリージョンを2拍ぐらいに小さくして調整すると弱起始まりの曲を作る事が出来ます。

IMG_4561

iPad ProならApple Pencilにも対応していますので、MIDIの編集にも便利です。

このように楽しいアプリと仕上がっていますが、エフェクトなど不足する部分もあり、最終的にはMacにデータを移行するのがベストと思われます。

その際にデータの移動手段としては、AIFFで2トラックにまとめる方法もありますが、AirDropで送る方法がお勧めです。

IMG_4565

今回搭載された、Live Loopsも非常に楽しい機能です。

タイル状に音ネタが配置されている画面があり、一つずつでも再生出来ますが、縦列の一番下の「^」をタップすると縦列全てが再生されます。発音タイミングは自動的に調整されますので、どのタイミングでもテンポに合います。

横列は楽器の種類を選び、ループもApple Loopsから簡単に持ってくる事が出来ます。専用のエフェクトがあり、簡単にDJプレイのような効果を掛けて遊んでみるのも良いでしょう。
 

Behringer X AIR XR12の検証?(あらせ)

IMG_4574

[Behringer X AIR XR12](購入価格は4万円弱)はiPadやAndroidタブレットにWifi接続する事で機能する、12inのデジタルミキサーです(Mac/PCも対応)。小型で持ち運びしやすいサイズとなっています。

本体にはヘッドホン用の音量調整くらいしか出来ないので、音量調整などはiPadで行います。

あらせさんが目黒区ウィンターフェスティバルで担当バンドのPAセッティングを行う事になり、その際の複数のセッティングを毎度調整すると時間がかかるため、シーン毎にセット出来るのではという事でこのXR12を持ち込んだそうです。

IMG_4581

しかし、現地のミキサーにXR12から出力したものを繋げた所、ボワーンとした音になってしまい使い物にならなかったそうです。そこで、原因を探るべくお持ちいただきました。

しかし、今マイクで試してみた所、問題なく普通に出ており再現出来ずに困ってしまいました。

IMG_4584

須藤さんによると、フォーンプラグを誤ってインサーション端子に入力してしまった場合、インサーション端子は3極である必要がありますが、2極のを挿すとショートしてしまい正しい音が鳴らない事があるそうです。しかし、マイクなどで使われるXLR端子ならこうした心配は無いです。

他の原因としてはケーブル自体に問題がある、誤ってファンタム電源が掛かっていたため音が押し返されたなどの原因が考えられますが、やはり現場を見てみないと分からないそうです。
 

■レコードをMacに録音(小林、伊藤)

IMG_4587

小林さんがレコードをCD化したいとの希望があり、手元にレコードプレーヤーが無いためメーリングリストで相談した所、伊藤さんよりレコードプレーヤーをで定例会中に生録音しましょうかという事になりました。そこで遠い中機材を持っていただきました。

IMG_4593

小林さんはこのレコードの内容を知らず、この場で初めて聴いたそうです。
なんと、内容はほぼトークのみで構成されており、薄らとBGMが流れている程度でした。一部分からの予想ですが、おそらく寝るときに聴くようなものだそうです。ジャケットも立派なのがあり、クレジットや著作権表記も無いので自主制作のようです。

IMG_4604

レコードプレーヤー(使用機種)からフォノイコライザー(使用機種)を通してMacのLogicへと録音しました。オーディオインターフェイスは[RME Babyface]を使用しました。

RMEは独自のドライバーを使っているのが売りだそうで、音声を処理しているDSPチップは上位機種と同じだそうです。録音時にプレーヤーからの入力レベルが小さいという問題がありましたが、レコードプレーヤーからの出力がラインレベルだったためで、マイクレベルが適しているそうです(須藤さんよりの情報)。

これに関連して、笹川さんより「SPL Creon」というオーディオインターフェイスを購入された事の紹介がありました。

IMG_4613

他に、小林さんよりオススメの「スタジオの音が聴こえる 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニア」高橋健太郎(Amazonリンク)という、1970年代の音が何故良いかという、19のスタジオで生み出されたレコードを解析した本の紹介がありました。



日本音楽家ユニオンさんとのイベント開催

IMG_4628

[日本音楽家ユニオン]さんと共同でイベント開催の話が持ち上がっており、Japan Logic User Groupでもご活動されている土屋さんより、団体のご紹介やイベントへの経緯をご紹介いただきました。

詳細については決まり次第当ブログでご連絡したいと思いますので、よろしくお願いします。



3月の定例会は3月5日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

2016年1月定例会が行われました。
日時:2016年1月9日(土)15:00~18:00
参加人数:11名

IMG_4427
あけましておめでとうございます。
本年も「Macで音楽クラブ」をよろしくお願いします。
 


KORG GadgetKORG Moduleでの曲制作(ノグチ)

IMG_4423

先月までのセールで半額になっていた高品位モバイル音源(ピアノなどアコースティックな鍵盤楽器を収録した)アプリ「KORG Module」を購入しました。
内蔵されているピアノの音色と、ピアノ専用音源のIK Multimedia「iGrand Piano」と簡単に比較チェックをしてみました。

IMG_0640
(KORG Module)

どちらも高品位なのには変わりませんが、Moduleの方が自然な感じで深みがあります。ハンマーが弦にあたった音など丁寧に再現されています。ソロ音源としての完成度が高いです。

比べてiGrand Pianoの方は音のアタック部分を編集してハッキリさせている感じがします。アンサンブル演奏など前に主張したい時にはこちらの方がよいと思います。iPad上で響版を動かすことで音を変化させる事も出来るのも面白いですね。

IMG_0641
(IK Multimedia iGrand Piano)

個人的な意見ですが、一般的な標準音源のピアノでは高音域での表現力の差に大きく現れると思います。PCM音源ではサンプルをある程度の音域で使い回す事で、容量の節約をしています。標準音源では節約上使い回す事が多くなり、その結果として差が出てくるのでしょう。また、サンプルの切り替えの場所で不自然さが出てきます。

KORG ModuleではKORG Gadgetの音源としても利用する事が出来ます。そこで、今回はこの音源を使った曲を制作しました。曲名は「Cold Sense」。

IMG_0642

Module上では「Salzburg(ザルツブルグ)」として表示されます。
今回も都市名にちなんだ名称になるようです。

IMG_0644

曲中でのリズム音源に使っている「LONDON」でのTipsを紹介しました。
IFXモードにある「Low Boost」ではサンプルの低域を強調する効果がありますが、ハイハットでは高域が削れたような効果になります。ちょっとしたイコライザー効果が期待出来ます。

IMG_4422

この曲では、最初にピアノの1フレーズを作り、そこから広げていく方法で制作しました。ほとんどはiPadの画面内のピアノロールで打ち込んでいますが、フレーズの響きや検討などを外部キーボードをUSBで繋げて確認しています。

今回の曲は都合により掲載しませんが、私の定例会で紹介した曲集は[SoundCloudにまとめてあります]。

最近、その中よりTAC(天王寺アップルクラブ)のポッドキャスト番組、「TAC Podcast」のBGMとして使われています。こちらもよろしくお願いします。



Melda ProductionのDAWプラグイン(須藤)

IMG_4431

先日行われたスタジオツアーで紹介した、Melda(メルダ) Productionというメーカーの紹介をしました。このメーカーはWAVESなどのように音の加工や監視などをするオーディオプラグインなどを制作しており、DAWソフトに対応して、AudioUnitsやVSTのプラグインとして動作します。

Web20160124

有償のプラグインを販売していますが、バンドルセットがありその中にフリーの「MFreeEffectsBundle」というのがあります。こちらはすべて無償で使う事が出来ます。入門編として最適です。

拡張部分の機能制限(53ドルで機能解除可能)はありますが、基本的な部分は無制限で使う事が出来ます。プロ用としての技量を持つメーカーですので、基本的な部分だけでもクオリティーが高いです。それが27個も無償で使えることがすごいですね。

(ちなみに須藤さんは上位版のMTotalBundleを購入されていますが、下位バンドルより差額のみのアップグレードが可能だそうです。Web上には記載がありませんが、メールで問い合わせる事で可能となります)

Logic上ではメーカーごとに分類されますので、見やすくまとまります。また、名前の先頭に「M」が付くので区別が付き易いですね。

IMG_4440

その中より紹介しました。
[MAnalyzer]はスペクトル表示できるプラグインで、音量を帯域表示出来ます。ちなみに機能解除しますとソノグラム(色で音量を表現)する事が可能となります。

他にコンプレッサーやリミッター、変わった所ではメモ用のプラグインもあります。コンプレッサーなどは帯域ごとに複数に分ける事で、マルチバンドの代わりとしても使えますね。

IMG_4446

[MStereoExpander]はステレオ音源の幅を調整出来るプラグインです。画面は数値のみのシンプルな構成です。楽器が真ん中に集まりすぎている場合に分散させる事が出来ます。

ここから話題が他メーカーのWAVESの方に移りました。同じような機能としては[S1]というプラグインが有名ですね。(完全なモノ音源をステレオ化するには、[WAVES PS22]が有用です)

IMG_4451

[WAVES Doppler]はドップラー効果を掛ける事ができます。
分かり易い例としては、救急車のサイレン音が自分より離れていくと音が低くなっていきますが、そのような効果を再現する事が出来ます。

IMG_4453

[WAVES eMo Signal Generator]はサイン波やノイズを生成する事で、スピーカーなどで再生が正しくできているかチェックする事ができます。

よく新品のスピーカーをエージングをするという作業があります。曲やノイズなどを鳴らし込む事でこなれた状態にするものです。しかし、長時間音源を流しておく事は、例えると車のアクセルを吹かしっぱなしにしたままにするのと同じような事です。



2月の定例会は2月6日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

■Macで音楽クラブ

MMCLogo20160407


「Macで音楽クラブ」はiMac・MacBookなどやiPhone・iPadなどのApple製品を用いて音楽制作を楽しむユーザーグループです。Apple User Groupに登録されており、1999年に発足し10年以上の活動実績があります。

Apple製品で音楽制作を始めてみようかな...という初心者の方や既に慣れ親しんでいる方でも、音楽に関心を寄せていれば参加する事が出来ます。会員は都内だけではなく全国に広がっています。



■活動内容

●定例会

0ccdaea0.jpg

月に一度都内で行われる定例会では、MacやiPadなどApple製品の音楽ソフトや、購入された楽器や音響機器など、実物を使っての紹介を行っています。

880b38fb.jpg

もちろん新製品の紹介だけではありません。音楽制作をする際のちょっとした疑問などを相談したりと、自分で解決するよりも色々なアドバイスが得られます。理解が深まり新たな発見があるかもしれません。

二次会では近くの居酒屋で、和気あいあいとした中で交流を深めています。

●インターネットでの交流

54554d47.jpg

インターネットを使った情報交換も行っています。
メーリングリストでは、音楽制作の上での疑問解決やMacトラブルのお悩み相談などなど、お得なセール情報も共有しています。

他に月に一度定例チャットを開催していますので、遠方の方との交流や定例会との間隔を埋める事が出来ます。

●イベント企画や参加

IMG_9407
(Macで音楽祭り2014 会員プレゼン)

Macworld EXPO Tokyoへの出展を始めとして、Mac関連のイベントに多数参加しています。2014年12月には[Macで音楽祭り2014]というApple製品を使った音楽制作や、音楽・音響周辺機器メーカーの製品などを紹介展示を行うイベントを主催いたしました。(詳しくはこちらの記事をご参照下さい)

43819797
(Macで音楽祭り2014 ブース)

会場の確保やApple周辺機器メーカーへの参加呼びかけから始まり、Twitterや各種インターネットでの告知などを経て開催へと繋がりました。イベントでは会員による設営や受付などを行いました。

運営には色々と苦労もありますが、一つの事を成し遂げる事にとても充実感があります。

IMG_8667_2
(福島での音楽合宿)

「Macで音楽祭り2014」セミナー内で紹介するための楽曲制作を、福島の二本松市にある[音楽スタジオペンション]で行いました。楽曲制作というテーマを持つ事で、ただの旅行ではない有意義なものとなりました。もちろん美味しい料理を堪能したりと、こちらも欠かせません。

d67cd2c8.jpg
(スタジオツアー)

レコーディングスタジオを経営されている須藤さんによるイベント、通称「スタジオツアー」も時々開催しています。スタジオならではの音楽を聴く事に適した環境でじっくり聴いてみたり、楽曲編集などの実演なども見られるのが興味深いです。

〜〜その他のイベント記録〜〜

IMG_5958

(ミュージックの日フェスティバル2016)

5d01ba1a.jpg

(AUGM気仙沼2012)

52e50da7.jpg

(Macで音楽ライブ バンドMMCATの演奏)

7e97e58b.jpg

(AUGM Tokyo 2010での会員プレゼン)

e3aeb3b3.jpg

(IMSTA FESTA 2010での会員プレゼン)

●おもな実績

【定期的な活動内容】
毎月第1土曜日15〜18時:東京都内(主に新宿)にて定例会
毎月第3日曜日22〜23時すぎ:Webブラウザでの定例チャット
メーリングリスト(随時)

【イベント実績】
ミュージックの日フェスティバル2016共催
Macで音楽祭り2014、2011主催
福島県二本松市にて音楽合宿
・2015 You Can Do It Well
・2014 メコン川のように
・2008 輝く未来に〜笑顔2008
・2006 こころのままに...
・2005 Treasure Case
・2003 Welcome to the Pleasure World(この時のみ河口湖)
スタジオツアー
AUGM気仙沼2012出展
第1回Macで音楽ライブ開催
AUGM Tokyo2011、2010参加
IMSTA FESTA2010、2009春参加
Macで音楽セミナー開催
iWeek 2002、2003出展
MacWorld Expo Tokyo出展
...他にも多数あり

(※イベントは任意での参加です)



■Macで音楽クラブを見学してみたい!

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっております。お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

・時間
15時~18時(途中参加可)
※18時から近所の居酒屋にて二次会があります。(任意で費用別)

・場所
ブログ右上か定例会記事の中に次回の予告があります。詳しくはご連絡いただいた際にお知らせいたします。

・費用
定例会場を借りる際のシステム上、お一人様あたりワンドリンクをご注文していただくことになっております。すみませんが、お飲み物の種類に関わらず金額は一律800円として頂戴します。

ブログ写真については、見学者の方は写らないように配慮しております。 お名前は掲載いたしません。

■Macで音楽クラブに入会するには?

以下のメールアドレス先にお知らせいただくか、ご見学の際にお申し付け下さい。
見学について

初心者〜プロの方でも歓迎しております。なお、定例会ではMacやiPhone&iPadなどを使い、音楽制作に役立てる方法を紹介しております。そのため、Apple製品のいずれか(iMacやMacBookなど、iPhoneやiPadなど)を所有しているか、近々ご購入予定のある方を対象としております。

ご入会後はメーリングリストへのご登録や、新会員のご紹介など案内をいたします。

・費用
年会費は1,000円(会計年度は毎年4月1日より)となっており、 入会金は無料です。定例会にご参加された際にお支払いいだだくか、お振込によるお支払いにも対応しております。

定例会にご参加された方には、会場費としてワンドリンクを併せ800円を毎回いただいております。他に、任意で参加されたイベント費用(例えば合宿での宿泊代や交通費など)は分担していただく場合もございます。



Macで音楽クラブはApple Japanの「Apple User Group」に登録されています。

その他のお問い合わせについては、以下のメールアドレス先へお願いします。
見学について


2016.11.8更新

このページのトップヘ