Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

2007年12月定例会が行われました。

■ARCOカホン:PC12

芝さんが買ったばかりにミニカホン「ARCOカホン:PC12」を持ってきてくれました。
ギターアンプなどに接続可能です。
私が想像したよりも小さくて軽い。12,600円
製造元のARCO(アルコ)は宮城県石巻だそうです。

01-02.jpg
ARCOカホンを持つ小林さん

02-02.jpg
ARCOカホンを叩いているK2さん

03-02.jpg
ARCOカホンの裏を確認する橘さん

■パンデイロ

あらせさんが「パンデイロ」という楽器を持参してくださいました。
タンバリンのようですが、少し違います。タンバリンよりも少々重く、音はシャカシャカ言わないそうです。
ボサノバ等には欠かせない楽器だそうです。

04-02.jpg
パンデイロを叩くあらせさん

05-02.jpg
パンデイロはクローズハイハットのようになっています

■Logic使い方あれこれ

Logicユーザが急増する中、ちょっとした疑問がたくさんあります。
芝さんに質問攻め。
(まだVer8を購入していないK2さんが、滅茶苦茶詳しいのには恐れ入りました)
数多い音色もすばらしいですが、エフェクタの充実がすごいです。1つ1つ開いてエフェクタを確認してみました。
特に「Delay Designer」「Space Designer」はすばらしいです。

08-02.jpg
Logicを説明してくれた芝さん

06-02.jpg
Logicの画面を操作する芝さんと横で見ている小林さん

10-02.jpg
Logicの画面

07-02.jpg
Logicのエフェクタに見入る長峰さん

09-02.jpg
2次会では意外な一面を披露するdekosan

オヤマ(記)

2007年11月定例会が行われました。

■Leopardで音楽ソフトは動く?

Logic, DigitalPerformer, Reasonなどは動きます。ただ、どうやら「Audio MIDI設定」ファイルが変更になったようで、動かないものがいくつか出ています。
DigitalPerformerのプラグインが読み込めなかったり「Volume Logic」「SoundSource」などはダメです。愛用者が多いだけに残念。

■Audioインターフェースご紹介

「TAPCO」

バスパワーで動くし、軽いし、2万円強とお手軽価格。

09.jpg

■楽器フェア行ってきましたー

アナログ楽器好きな会員がおもしろ楽器を紹介してくれました。

01.jpg
おもしろデモの須藤さん

02.jpg
楽器フェア帰りのあらせさん

03.jpg
TAPCOに身を乗り出すK2さん

04.jpg
真剣にカタログを見る安藤さん

05.jpg
Leopard買う?ノグチさん、橘さん

06.jpg
出張から駆けつけた芝さん

07.jpg
TAPCO買っちゃうー堂山さん

08.jpg
2次会に間に合った小林さん

オヤマ(記)



(※ブログはこの記事が最初となっておりますが、クラブ活動は1999年に発足しました。クラブ詳細につきましてはこちらをご覧ください。)

◼️2001〜2007年10月以前の過去記事コーナー

2001年頃よりMacで音楽クラブはホームページを制作しておりましたが、2007年11月まで記事の保存がありません。今回、Internet Archiveよりいくつか復元出来た記事がありましたので、その内画像の残っていたものを拾い上げました。

(2001.10.5クロール)

「第2回Macで音楽セミナー2001」を開催しました!
多数お集まりいただきましてありがとうございます。

DSCN4113

(2002.1.14クロール)

DSCF0034
曲作りがんばるゾと橘さん

DSCF0015
New iMacのカタログを手にする松野さん/芝さん

(2002.6.1クロール)

iWeek(大阪)の様子がインターネットラジオに

Macで音楽クラブ・副会長Auroraさんがゲスト出演しているのでチェ〜ック!

fm GIG

04280018
中央:Aurora(両側はfm GIGさん)

-

御礼

iWeek2002ブースにご来場いただき、ありがとうございます
ステージ出演しました

iweek2002_03

-

御礼

MacWorld Expo東京・ユーザーグループブースにご来場いただき、ありがとうございます

ExpoオリジナルCDは完売
Expo会場内シアター講演も大盛況でした

Expo前日シアター講演の音をチェック(Sutoh)

DSCF0108
客席で音チェック

DSCF0102
Photoshopでステージ前に出すテロップを作成するAurora

DSCF0099
シアター講演「Macで簡単! デスクトップ・パーソナル・スタジオ」

DSCF0100
ブースの準備もバッチリ!

DSCF0110

-

SUTOH01
会員No. 68 Sutohさん経営のスタジオ「マイクロサウンド」見学

(イベントでのプレゼン説明記事)

title2

このステージでは,もっとも一般的なモデルであるiBook(Dual USB ,G3/500MHz)を使っていかに音楽CDが簡単に作れるかをお見せいたします。MIDIとオーディオを融合し,iTunesを使ってオーディオCDを焼き上げるのがゴールです。

必要な機材はiBookの他,FireWireをインターフェースにしたオーディオコンバータMOTU828,SC-8820(MIDI音源),ボーカル用マイク(SHUREの SM57),ギター(Fender Stratocaster),POD(ギター用エフェクタ),そしてケーブル類です。これらは以下のように接続されています。

wiring

ソフトウエアはMOTUのDigital Performer3.0を使用します。もちろんCubase VSTやLogicでも同じことができます。楽曲は誰にでも分かりやすいロックンロールです。

●作業工程

1 簡単にSC-8820で曲のラフスケッチを作ります。楽器構成は,ドラム,ベース,オルガン,ピアノ,ギター,サックス(メロデイライン)です。
ドラムは市販されているデータ集の中から使えそうなものをコピーペーストしています。
ベースはよくある8分音符の連打です。

bass

オルガンはアクセント的に入ります。

organ

ピアノは2コーラス目に変化を持たせるために高音部分を不協和音で連打します。
ロックンロールではよくやる演奏方法です。

organ


2 サックスの部分を人間が歌い,ギター音色の部分は本当のギターを弾いて録音します。そのためこの2つのトラックは用済みなのでミュート(消音)します。また,仕上げはCDというオーディオ媒体なので,MIDI音源の演奏自体もオーディオとして録音してステレオ2チャンネルにミックスしなければならない点に注意してください。

3 ギターとサックス以外のSC-8820の演奏をステレオトラックに,ボーカルとギターをそれぞれモノラルトラックに,計4トラックを一気に録音します。この時,最初のシンバルのカウント「ワン,ツー,スリー,フォー」の「フォー」を予め消去しておきましょう。あとでリバーブをかけてから削除すると,カウントの残響成分が残ってしまうからです。

count

4 4トラックの同時録音が出来たらもうSC-8820の演奏は必要がなくなるので,MIDIトラックはすべてミュートします。ここからはすべてオーディオトラックを聴くことになります。

5 録音したボーカルの音量はバックにまけてしまっていますので,もっと前面に出すためにリミッターをかけます。リミッターはオーバーレベルにならないように0デシベルの所で頭を押さえつつ,全体の音量を上げます。いわゆる下駄を履かせるというやつです。

rimitter

6 わずかにピッチの揺れてしまったボーカルに対してピッチ補正のエフェクト(AutoTune)をかけて安定させます。

7 マスタートラックを作成し,サウンド全体にクラブ系のルームリバーブをかけます。厳密に言えば,マスタートラックにリバーブをかけるということは,ドラムのバスドラにもリバーブがかかってしまうのですが,ここではCPUにあまり負荷をかけたくないことと,クラブでの演奏をステレオマイクで一発録りしているような臨場感を出したいので,これでOKとします。

8 最近のCDの音作りには欠かせない,いわゆる音を立たせるエフェクト(Sonic Maximizer)を使用して,メリハリ感を出します。Sonic MaximizerはVSTプラグインなのですが,Spark FX Machineを併用することによって使用することができます。

9 これで音作りは終了なので,1つのステレオトラック,2つのモノラルトラックの計4つをステレオの2チャンネルにミックスするためにバウンスします。

bounce

10 出来あがったステレオ2チャンネルのデータをMacで認識できるオーディオファイルのAIFF(Audio Interchange File Formatの略)データとして書き出します。

export

11 iTunesを起動して,「環境設定」(Mac OS 9版では初期設定)→「読み込み設定」を「AIFFエンコーダ」にします。こうすると音質が劣化しないAIFF形式のままiTunesにインポートすることができます。

encord

12 新しいプレイリストを作って目的の曲をドラッグして登録します。なお,プレイリスト名はオーディオCDの名前としては残りませんのでそのままで構いません。

CDを焼いたiBookではiTunesがプレイリスト名をCDのタイトルとしてデスクトップに表示してくれますが,これはiTunesが憶えているからであり,他のMacに入れたら単純に「オーディオCD」という名前で認識します(焼いたMacに入れれば再びプレイリスト名が正しく表示されます)。

Diskname

13 あとはディスクをBurnすれば出来上がりです。

Burn

仕上がる曲はシアター講演にてご視聴下さい。

お待ちしてま~す。

(2002.12.10クロール)

tit
switch0

AUGST In 仙台

tit1
top1

(活動は1999年に発足しております。クラブ詳細につきましてはこちらをご覧ください。)

このページのトップヘ