Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

2016年4月定例会が行われました。
日時:2016年4月2日(土)15:00~18:00
参加人数:11名(ゲスト1名を含む)

IMG_6194



KORG Gadget 2.1(ノグチ)

IMG_6096

先月[KORG Gadget 2.0]を紹介しましたが、早くも2.1にアップデートされました。ここでは、その機能などを紹介しました。

IMG_6101

 0.1のバージョンアップですので不具合などの修正が中心ですが、新機能としては「nanoKEY Studio」などの新製品に対応したそうです。ただし、この製品が5月下旬まで発売延期になってしまいちょっと残念です。

(この製品はBluetooth MIDI接続出来るようになっており、この機能がOSとの対応確認に時間が掛かっているのかもしれません)

他にオーディオレイテンシーを2048(サンプル)まで遅らせる事が出来るようになりました。遅延のため演奏は難しいですが、ノイズなどの発生を抑えたり、処理を安定させるには有効でしょう。

先月紹介したiCloudボタンと削除ボタンが隣り合わせで危険という部分が、手順が変更になり解消されています。

IMG_6126

機能以外としては、「KORG Gadget Le」というアプリが同時にAppStoreに登場したのも大きいです。

こちらはGadgetの機能限定版という位置づけで無料です。機能的には非常に限定されており、内部アップグレードも出来ません(特定の製品を接続する事により、一部機能が拡張されます)が、Gadget Cloudというユーザーが発表した曲を聴く事が出来る機能にはフル対応していますので、これでどんな曲が作れるのか手軽に触れる事が出来ます。

IMG_6129

今月も新曲を聴いていただきました。曲名は「National Composition」。
背景にM1の一番最初のプリセット音色でおなじみの、Universeを使って神秘的で印象深いイメージを出しています。他に音源内にあるディレイなどを使用して馴染み易くしています。

IMG_6138

ここでGadget 2.1の新機能に戻りました。トラック毎に指定のチャンネルでMIDIを鳴らす事が出来るようになりました。「NodeBeat」という別のアプリで生成されたMIDIデータから、指定のGagdet音源を鳴らしました。

NodeBeat自体はシンプルなシンセ音しか鳴らせないのですが、そこにGadget音色のピアノを加えて演奏という事も出来ます。こういった連携した使い方も面白いですね。



■ワイヤレスMIDI楽器の工作(伊藤)

IMG_6147

[先月の定例会]で[AKAI EWI USB]のBluetooth MIDIによるワイヤレス化の紹介をしましたが、今回はその際に使った部品をすべてEWI USBに収まるように工作しました。

IMG_6150

EWI USBの末端にモバイルバッテリーとBluetooth MIDIアダプター[YAMAHA UT-BT01]を取り付けています。それぞれの部品は取り外す事もできるようです。

IMG_6166

さらに、もう一台制作されておりました。キーボード「CME Xkey37」にパッドコントローラー「KORG nanoPAD2」、そしてモバイルバッテリーとBluetooth MIDIアダプターを組み合わせたものとなっています。板などの部材はホームセンターで用意されたそうです。

ちなみにCME Xkey37はBluetooth MIDI内蔵タイプが発表されているようです。

IMG_6172

まずはEWI USB改を演奏してみました。音色はiPadのアプリ「KORG iM1」からShaku nana(尺八の一歩手前の意味?)。問題なく演奏出来ています。

IMG_6182

なんと手前のバーにはギター用のストラップを取り付ける事が出来るようになっていました。ショルダーキーボード的にステージでの演奏も、ワイヤレスなら自由自在ですね。

この後演奏に盛り上がりました。それぞれの楽器ですが、両面ファスナーで簡単に脱着できるそうです。あまり激しく演奏すると取れるので注意との事です(笑)。

Bluetooth MIDIの機能ですが、今の所接続にはアプリ内で設定する方法しか無いそうです。一度接続すると、設定画面の無いアプリでもMIDI接続が出来た事があったそうです。将来的には、OSの方で管理出来るようにればより便利になる事と思います。
 

■Logic Pro Xで曲制作過程の紹介(笹川)

IMG_6201

曲制作の過程でのテクニックを紹介していただきました。
あらかじめ短い曲は出来ていますので、そこまで制作された過程をなぞっていきます。

まずはリズムトラックを録音していきます。笹川さんはリアルタイムにキーボード入力で録音。サクッとリズムが出来ていきます。

1小節目はいろんな物が記録されるので、2小節目から録音します。
(例えば、バウンスなど行うと不自然な始まり方になりますので、1小節目は使わないのが基本です)

IMG_6205

ドラムが低音部の楽譜になっているのでドラム楽譜に変更します。ここでトラブルがあり、うまく修正出来ませんでした(後述)。

4小節作ったトラックのリージョンをコピーし後ろに複製します。接着ツールが便利です。ピアノ、ベース、ギターと録音を重ねていき、次第に曲らしくなってきました。

笹川さんのポイントはスコアで曲を作っていく事です。ここまでノーテーションの編集を行っていません。こうすれば演奏者用の楽譜も同時に作る事が出来ますね。

IMG_6224

シンバル音符の符尾が下を向いており、タムなどの音符と区別が付きにくくなりますので、音符の属性より、符尾をアップにして解決する事が出来ます。

さきほどのドラム譜ですが、その後の検証により詳細ツールがOFFになっていたのが原因のようです。詳細ツールをOFFにすれば、難しい機能や表示をカットして分かり易くしてくれるのですが、その分細かい編集が出来なくなってしまいます。Logicの深部を使いこなしたい方は必ずONにしておきましょう。

他にジャズドラムのブラシプレイに適した音色の紹介がありました。



ミュージックの日フェスティバル 2016の様子

IMG_6085

3月26日に行われた「ミュージックの日フェスティバル 2016」は無事に終了しました。
ここではいくつか写真を掲載いたします。上図はAbleton Liveデモンストレーションになります。

IMG_5958

Macで音楽クラブはクラブ紹介を行いました。
他にも各社のデモンストレーション、ピアノ生演奏などがありました。

IMG_5974

ここからブース紹介になります。
フロンティアファクトリー株式会社の展示です。

IMG_5973

IK Multimediaの展示です。

IMG_5981

株式会社ハイ・リゾリューションの展示です。

IMG_6026

株式会社メディア・インテグレーションの展示です。

IMG_6036

株式会社エムアイセブンジャパンの展示です。

IMG_6038

株式会社ビーアイ・フォース株式会社シンタックスジャパンの展示です。

IMG_6051

アビッド テクノロジー株式会社の展示です。
他にHEAD GROOVEの生演奏もありました。

このイベントに関して定例会に主催 日本音楽家ユニオン関東地方本部の土屋さんがお見えになり感謝の言葉をいただきました。ありがとうございました。



5月の定例会は5月7日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について


 

■ミュージックの日 フェスティバル 2016(終了しました)
MDFestival_mmc

先月より予告していましたイベントについて内容が決まりましたのでお伝えいたします。Macで音楽クラブは共催として参加いたします。

最新情報は「ミュージックの日 フェスティバル 2016 公式ページ」をご確認下さい。

入場無料
日時:2016年3月26日(土) 12:00~20:30(開場11:40)
会場:芸能花伝舎C2 (東京都新宿区西新宿6-12-30)
主催:日本音楽家ユニオン関東地方本部
共催:Macで音楽クラブ / Japan Logic User Group


■趣旨

すべての自立した音楽人へ

いまや音楽を発信することは一部の限られた人間だけの特権ではない。 誰もが才能を活かして作品を制作し、自らWEBを通じて世界中に届けることが可能だ。そして成功には才能だけでなく知識も重要。

「ミュージックの日フェスティバル2016」には 創造性を刺激する最新の制作ソフト・機材・ガジェットのデモンストレーションから WEB配信販売のノウハウや制作資金を集めるクラウドファウンディングのセミナー、 さらに制作した作品の権利を守り、正当な報酬を得るための 著作権・著作隣接権シンポジウムまで、 真に自立した音楽人が知っておくべきあらゆる知見へのアクセスが用意されている。 最新バージョンが話題のDAWや、近年再び注目のハードウェア機材を扱う 楽器メーカー・代理店も続々と参加を表明。

さあ、このチャンスを見逃す手はない!


■セミナー(予定) ※下記タイムテーブル参照願います。

○DAWソフト(Apple Logic Pro X)の使いこなし
○配信で自作曲を販売するには
○クラウドファウンディングで制作費を募るには(株式会社muevo)
○自作曲が無断で海外の映画に使われたら?
○著作権シンポジウム
パネラー:
一般社団法人日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA):代表理事 松武秀樹
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協):増山周
日本音楽家ユニオン(MUJ)代表運営委員:篠原猛
敬称略
 

■参加メーカー

●IK Multimedia(取扱製品: iRig / Lurssen Mastering Console / Miroslav Philharmonik 2 etc.)
●株式会社エムアイセブンジャパン(取扱製品:Studio One / ROLI Seaboard RISE etc.)
●株式会社ビーアイ・フォース(取扱製品:Blue Microphones)*展示のみ
●株式会社シンタックスジャパン(取扱製品:RME)*展示のみ
●株式会社ハイ・リゾリューション(取扱製品:Ableton Live / Digital Performer etc.)
●フロンティアファクトリー株式会社(取扱製品:antares Auto-Tune / Band-in-a-Box etc.) *展示のみ
●株式会社メディア・インテグレーション(取扱製品:Apogee / Waves etc.)
●HEAD GROOVE(インディーズレーベル / デモ演奏)*ブースのみ
※参加企業は変更になる事があります。 デモンストレーションの内容は未定です。上記製品が取り上げられるとは限りません。ご了承ください。

☆3月19日 ミュージックの日とは?→ https://www.muj.or.jp/ouractivity/319day 


■プレゼンテーションスケジュール(3/25更新)

12:00~12:25 Macで音楽クラブ(25分)
・タイトル:Macで音楽クラブの紹介
・内容:1999年1月に発足したApple User Group「Macで音楽クラブ」の定例会、各種イベントや合宿など、様々な活動を紹介いたします。

12:25~12:50 Japan Logic User Group(25分)
・タイトル:こんな使い方もあったのか!?Logic Pro Xの基本操作あれこれ
・内容:知ってるようで知らない、とっても便利なLogic Pro Xの基本操作を教えます。

13:00~13:40 IK Multimedia(40分)
・タイトル:iPhone、iPad、Mac/PCで、音楽の演奏、制作を楽しもう。
・内容:憧れのアンプやエフェクトを組み合わせたサウンドでギターを弾きたい。ピアノ、ドラム、シンセサイザーなど色々な楽器を演奏してみたい。作曲、ミックスだけでなく、どんなデバイスで聴かれても映える音になるように「マスタリング」も試してみたい。そんな願いを叶えるアプリ、プラグイン、インターフェース、コントローラーをご紹介します。最後にはファレル・ウィリアムス「Happy」などを手がけたLAのマスタリング・スタジオと共同で開発された Lurssen Mastering Consoleにて、処理前、処理後の音を聴き比べていただきます。

14:00~14:40 ハイ・リゾリューション(40分)
・タイトル:Ableton LiveがもたらすDAWとしての利便性 プレゼンテーション:森谷諭(Iwamori / Ableton認定トレーナー)
・内容:Ableton Liveで行う、音楽制作手法の紹介。 一般的な制作スタイルを踏襲しつつ、多様なユーザー環境に対応するAbleton Liveの操作性、利便性について紹介します。

15:00~15:40 muevo(40分)
・タイトル:クラウドファンディングを活用した新しい音楽活動の可能性
・内容:音楽専門クラウドファウンディングサイト「muevo」がキャンペーンの立案から目標設定、運用方法そして目標達成後の賛同者へのリターンまで、音楽に絞った視点からそのプロセスをご案内します。

16:00~16:50 日本音楽家ユニオン(50分)
・タイトル:知らないと損する君の権利
・内容:意外に間違っていることも多い著作権に関する常識。CDの印税は作詞・作曲家にしか払われない?商業作品に演奏で参加した場合、作品がどれだけ売れても追加報酬はもらえない?演奏家の権利に対する理解を深めて音楽活動をより実りあるものにするためのシンポジウム。

16:50~17:10 上田紗奈衣さんによるピアノ生演奏(20分)

17:30~18:10 エムアイセブンジャパン(40分)
・タイトル:The Bar is Raised AGAIN:Studio One 3.2セミナー feat. 田辺恵二
・内容:次世代の64Bitオーディオ・エンジンによる圧倒的な音質と、今までにないスピードで高いクオリティのプロジェクト制作を可能とするPreSonusのStudio One。音楽プロデューサーの田辺恵二氏をゲストに迎え、Studio Oneのコンセプトやバージョン3.2の新機能をレクチャー致します。

18:30~19:10 メディア・インテグレーション(40分)
・タイトル:WAVES、Sonnoxほか、Mixに役立つ最新プラグインのTips。
・内容:高品位なミックスを仕上げるときに欠かせない、WAVESやSonnoxなどのプラグイン。その中で、最新のプラグインから隠れた名品プラグイン、そして「これでしか得られない、特別なプラグイン」などを使ったTipsをご紹介。

19:30~20:10 アビッド テクノロジー株式会社(40分)
・タイトル:音楽制作に役立つPro Tools機能ご紹介
・内容:MIDIツールや高機能プラグインなど、音楽制作に役立つPro Tools機能をご紹介します。

2016年3月定例会が行われました。
日時:2016年3月5日(土)15:00~18:00
参加人数:18名(見学1名含む)

IMG_5379



AKAI EWI USBをワイヤレス化(伊藤)
 IMG_5324

AKAI EWI(イーウィ)USB」は管楽器のように息を吹き込む事で演奏する事が出来る、ウィンドUSBコントローラーです。上位機種には音源が内蔵されているものもありますが、EWI USBでは音源をMacなど外部に依存する事によって、低価格化されています。

USBと書いてあるとおり、Macに繋げそちらの音源を鳴らすのが一般的な使い方ですが、ワイヤレスBluetooth MIDIアダプター「YAMAHA UD-BT01」を使って無線でMIDI信号を送り、iPadの音源を鳴らしてみる実験を行いました。

IMG_5327

EWI USBは電源が必要なため、UD-BT01の先にモバイルバッテリーを接続しています。(Macなどに接続の場合は、USB端子から電源供給されるため不要です)

離れた部屋に置いた楽器とを繋ぐ事が、ケーブルをはわす事なく綺麗にまとめられますね。このメリットは大きいです。

IMG_5323
 
試したソフトは「bismark bs-16i」というアプリです。新しい規格に対応するのが比較的早いので重宝します。笹川さんによると演奏に微妙に遅れがあるそうですが、見た所それほど問題がなさそうでした。

その後、再度接続を確認をしてみましたが、今度は認識しませんでした。こちらの作業が慣れていない事もありましたが、まだすんなりとはうまくいかないようですね。



SEIKO BU-10(伊藤)

IMG_5335

写真右の「SEIKO BU-10」(DigiLandの記事リンクへ)は、メトロノームを振動で体感させるための器具です。音にせずに身につけた振動でリズムを体感出来るので、弾き語りなどにも応用が効きそうです。

iPhoneアプリでもよいですが、メトロノームでしたらイヤホンジャック出力があるものが必要となります。なぜなら、音声出力された物に対して変換する形になるためです。

残念ながらBU-10自体にはメトロノーム機能は無いそうです。内蔵にしてくれればより使い易いものとなるでしょう。ここでは写真左の「KORG MA-1」を使用しています。



Impaktorをより正確に使う方法(伊藤)

IMG_5343

Impaktor」はiPadやiPhoneなどのマイクから音を拾い、それをきっかけとして打楽器系の音を発音するアプリです。

IMG_5342

楽しいアプリなのですが、周りで騒音が大きい環境ですとその音もマイクで拾い正確な演奏が出来なくなります。そこでそれを解決する方法を紹介しました。

IMG_5343s

「Positive Grid Jam-up plug」からピックアップ付きマイク「Louis LCM-20」を付けています。こうする事で、より正確に音を拾う事が出来ます。Youtubeによると材質で音も変化するそうですが、このピックアップではそこまでの繊細さは無いようですね。



KORG Gadget 2.0(ノグチ)

IMG_5348

KORG Gadget」が2.0に進化しました。今回の大きな変更点はiPad ProとiPhoneに対応した事です。iPad Proは拡大表示でなく、マス目が増えて使い勝手が一層向上しています。iPhoneは画面が小さいものの、動作するようになった事が非常に大きいです。

最近のコルグアプリはiPad版、iPhone版とアプリを分けてそれぞれに別途購入する必要がありましたが、Gadgetに関しては一度購入すればどちらでも購入扱いになります(ユニバーサル対応)。メリットが大きいですね。

IMG_5349

各トラック(縦軸)ごとにインサートエフェクトが搭載されました。3バンドのイコライザー、コンプレッサーを搭載しています。これまではGadget音源自体にイコライザーなどのエフェクト機能が一部ありましたが、全体的に掛ける事で曲全体の調整に役立ちます。

IMG_5355

横画面の時に、Gadget音源を全画面拡大する事ができるようになりました。また、キーボード表示している部分を演奏する際に円いグラフィックが追加されて、演奏をアピールする事が容易になっています。

IMG_5357

小さい所では、日本語表示が多くなっています。他に横軸のシーンに対して名前をつける事が出来るようになりました。今回もオーディオトラックは追加されていませんが、着々と準備されているような気がしています。

IMG_5359

曲を書き出す際に余韻の部分、Tail(しっぽ)を追加する事が出来るようになりました。リバーブ成分などが曲終わりに残っていても、不自然な切り方をされる事が無くなります。

iCloud Driveで共有していれば、デバイス間で最新データをやり取り出来るようになりました。たとえばiPhoneでさわりの部分を作って、iPadで曲を本格的に作るという事が簡単に出来ます。

IMG_0652

この機能はとても便利なのですが、データを削除するボタンと隣り合わせになっており、少々危険が伴います(笑)。間違えると1タップで消えてしまいますので、直してほしい点ですね。

他にもアルペジエーターの追加やピアノロールの拡大縮小が容易になったりと、多くの改善点がありました。ここで新曲をお聴きいただきながら、新機能を楽しみました。

IMG_5363

続いて一つ前のバージョンからの機能追加になりますが、「Ableton Link」という機能を紹介しました。これは各アプリ間でテンポを同期してくれる機能です。 対応アプリであれば無償で使えます。

テンポをリアルタイムに変えてもしっかりと追従していきますので、ライブ演奏などにはもってこいの機能となっています。ここではGadgetと[KORG iElectribe for iPad]、さらに[KORG iKaossilator]を使用しています。

IMG_5365

他にも同じWifi環境であれば、複数台のiPadやiPhoneの対応アプリ、さらにMacのDAWソフト「Ableton Live」にも同期する事ができます。Liveは機能制限版のLive LiteをKORG Gadgetを購入する事で無償でダウンロード出来ますので、お試し下さい。

このAbleton Linkですが去年12月に発表された機能ですので、対応アプリが少ないのが惜しい所です。特に今後はリズム系のアプリには必須機能となってきますので、進捗と注視したいと思います。



PlayGround(ノグチ)

IMG_5367

HLO S.A. PlayGround」はiPad、iPhone対応アプリで、指で円を描くようにタッチするだけで楽しい演奏が出来ます。(価格は無料。拡張曲は有料)

これはチュートリアル画面ですが、矢印のようにタッチするだけで、自動的に演奏がされます。四角い箱は楽器が割り当てられています。ここではリズムがなる仕掛けになっています。

IMG_5369

演奏を始めると突然四角が現れたり、動いているものがあったり、スライダーのように変化させる事も出来るのもあり、演奏が簡単に楽しめるのが特長になっています。

動画の収録・演奏の録音は出来ますが、音源のカスタマイズ、音楽アプリによくある拡張機能などは、一切無いようです。むしろ単機能に絞った分、初心者の方でも簡単に楽しめるアプリとなっています。

 
最後にメーカーの動画リンクを紹介しておきます。



KORG Moduleの拡張音源(小林)

IMG_5372

Gadgetの音源としても使用出来る「KORG Mudule for iPad」がアップデートされ、新しい拡張音源(エクスパンション・サウンド・ライブラリー)を追加する事が出来るようになりましたので紹介しました。

TRITON Best Selection」はコルグのワークステーションキーボード「TRITON」より厳選100音色を忠実に再現したものとなっています。

IMG_5385

一通り音色を確かめながら、音色の解説をしました。
傾向としては、シンセブラスなど立ちの良い音色が揃っています。
TRITONもM1からの音色が発展してきたので、M1を彷彿させるシンセやオルガンなどの音色があります。

ピアノも同じ傾向がありますので、しっとりとした臨場感のある音色にしたいときは[Ivory Mobile Gland]が良いでしょう。

ループもありますが、高いキーを弾くとピッチも上がってしまう昔ながらの音色なのはご愛嬌ですね。

IMG_5391

コーラスやフルートなど、ライブ演奏でも存在が負けない音色が揃っています。
オルガンはフットスイッチがあれば、ロータリースピーカーのON OFFに対応しているそうです。

ちょっとざらついたシンセベル、ビブラフォンには金属的な感じが残っています。
残念なのはリバーブを完全にはOFFに出来ないそうです。例えばライブ演奏時など、ドライな音色にしておきたい場合があります。

IMG_5400

ここで、セルフパワーUSBハブに接続したEWI USBを繋げてみました。
先ほどと違い、有線接続ですのでしっかりとサックスの音色で奏でる事が出来ました。



ミュージックの日 フェスティバル 2016

MDFestival_mmc

イベント「ミュージックの日 フェスティバル 2016」2016年3月26日(土)にMacで音楽クラブが共催します。概要の確認、設営やイベントスタッフの打ち合わせ、そしてMacで音楽クラブのプレゼンをどうするかを決めました。詳細は上図をお読みいただくか、リンク先でご確認下さい。

IMG_5405

イベントとしては、演奏家が制作した作品の権利を守り、正当な報酬を得るための知識を学ぶ事が出来るシンポジウム「ミュージックの日」、そこに以前からの「Macで音楽祭り」の楽しい雰囲気を加えた濃い内容となる予定です。

主催の[日本音楽家ユニオン関東地方本部]、共催の[Japan Logic User Group]と共にイベント成功に向け努力してまいりますので、ご来場の程よろしくお願いします。



■曲の紹介とソフト音源のテクニック(笹川)

IMG_5421

「黄昏のビギン」という昔の曲をアレンジしたものを紹介しました。

IMG_5419

DAWソフトはApple Logic Pro Xで、紹介する音源は[Native Instruments Kontakt]の拡張音源「Session Strings Pro」となります。

IMG_5423

低音部にレガートやスタッカートなどが割り当てられています。これにより、奏法が変わった際でも対応がそのトラック内で完結しますので有用です。

オンラインDTMスクールのスリープフリークスに、[この件についての解説]がありますので、こちらもご紹介しておきます。

また、笹川さんのLogic曲制作について今後紹介したいという意向だそうです。楽しみですね。



4月の定例会は4月2日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

 

このページのトップヘ