Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

アップル32階セミナールームにて開催中の「IMSTA FESTA 2009」に参加しました。

2日目のタイトルはちょっと長くて、
「ネット活用、複数ソフトを使って曲作り、そしてMixのコツを教えます!」

まずは会場の様子
09042601.jpg

09042602.jpg

最初にKeynoteを使って活動概要の説明
09042603.jpg

そして、Mixのコツを
09042604.jpg

09042605.jpg

うーん・・・。
09042606.jpg

ありがとうございましたー!
09042607.jpg

アップル32階セミナールームにて開催中の「IMSTA FESTA 2009」に参加しています。

初日は「GarageBandにiPhoneでウキウキセッション(前編)と(後編)」のセミナーを行いました。

司会は芝さん
09042501.jpg

PAは須藤さん
09042502.jpg

デモは秋山さん
09042503.jpg

iPhoneをチェックする小林さん(左)、橘さん(右)
USBカメラからプロジェクタに映し出しています
09042504.jpg

iPhoneの使用ソフトは、
・PocketGuitar
・NLogSynth
・Organist

小林さんはオルガンを担当、画面説明をしています
09042505.jpg

そして、3人でiPhoneを演奏
09042506.jpg

明日もセミナーがありますので、いらして下さい。

オヤマです。
2009年4月定例会が行われました。
日時:2009年4月4日(土)15:00~18:00
場所:ルノアール・小滝橋店

0904001.jpg

本日の機材はすごいので、まずはそのご紹介を。
(機材提供は須藤さん)

無線を使って良い音で聴きたいニーズは結構あると思います。
ノート型マシンにひと工夫加えることで、無線LANでも快適な音響にしたい。

バッファロー「Buffalo WLI-UC-G300」
・802.11b,802.11g,802.11n Draft 対応。
・802.11aには対応していないのですが、その規格を使用しなければその分お買い得です。
0904002.jpg

・ノート型付属のAirCardではなく、別途 USB無線LANアダプターを使うメリットは、内部の無線LANはインターネットに接続したりするので音声データの伝送に割り込みが
入る形になります。

そこで別に音楽専用の無線LAN経路を設けてより安定した環境を作るのが目的です。
アンテナの本数や設置場所も改善できるので内蔵のアンテナに較べて有利な通信環境
になります。

■AirExpress利用にもひと工夫
・AirMacの無線機能を設定するには通常純正の「AirMac ユーティリティ」や「AirMac
管理ユーティリティ(Graphite、Snow 用)」を使いますが、サードパーティ製の USB無
線LANアダプターを使う場合にはそれ用の管理設定用ソフトウェアを使います。
Ralink社の USBWirelessUtilityでは接続先を個別に設定でき、通信品質の確認もでき
ます(ただし、自己責任でお願いいたします)。
0904013.jpg

■ベリンガー BEHRINGER ULTRACURVE PRO DEQ2496
Expressからベリンガー BEHRINGER ULTRACURVE PRO DEQ2496に接続します。
(さらに、スピーカー等に接続)。
このように設置することで、ノート型の無線を利用しても音がとぎれずに快適に音楽を楽しめるようになります。
0904003.jpg

0904004.jpg

機材を説明する須藤さん(右)、関さん(左)
0904005.jpg

画面に見入る利谷さん
0904006.jpg

機材が好きな芝さん
0904007.jpg

IMSTA FESTAでデモを担当する秋山さん
0904008.jpg

例会会場のテーブルに、このように機材を設置して定例会を開催しています。
0904010.jpg

2次会の居酒屋でもMacを広げて話はつきません。
0904011.jpg

合宿ムービーを編集して、居酒屋に持ってきてくれた小林さん
0904012.jpg

このページのトップヘ