Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

2017年2月定例会(前半)が行われました。
日時:2017年2月4日(土)15:00~18:00
参加人数:14名(ゲスト2名を含む)

IMG_8441

[定例会後半はこちらに続きます]。本日夜掲載予定です。



BOSS GT-1(あらせ)

IMG_8378

ギター用マルチエフェクター「BOSS GT-1」の紹介です。

IMG_8376

BOSSのマルチエフェクターには大きく分けてMEシリーズとGTシリーズとがあり、MEシリーズは価格を抑えつつ操作性を充実させたものであり、GTシリーズは音色を高度に編集できるプロ向けの製品でした。

今回はGTシリーズながらも価格を抑えコンパクトにまとめてきた所に人気があり、去年の発売当初から品薄が続いています。

IMG_8379

Macで音楽クラブ的にはMac上でエディターを使い編集するところを披露したかったのですが、最新のmacOS Sierraにはまだ未対応でした。ですので実機上での簡単なチェックをしてみました。

あらせさんがGT-1の前に使っていた[BOSS ME-80]と基本の構成は一緒で扱いやすく、[BOSS GT-1]の方はエフェクターなどの順序の入れ替えも可能となっています。 

IMG_8372

本格的な音色ながら、ギターケースのポケットにすっぽりと入る事がお気に入りだそうです。
ライブの時は打ち上げなど移動もあり小さい事がメリットになりますね。
 

Soundbrenner Pulse(伊藤)

IMG_8405

[Soundbrenner Pulse]は振動を利用したメトロノームディバイスで、体につける事で音を鳴らさずにタイミングを測る事が出来ます。

IMG_8416

大きさは腕時計なみで、腕や好きな部分にバンドを調整出来ます。

まず外側の白いリングを180度ほど回し、真ん中を指二本で長めに触ると振動が来ます。好きなテンポでタイミングを図りつつ真ん中をタップすると、振動がテンポに合わせて来るようになります。

IMG_8414

速さを調整したい時は白いリングを回す事で可変します。iOS用やMacでエディットするアプリがあり、その際はBluetoothで接続します。本体の光る色も強拍弱拍で変える事が出来るようです。

製品は2015年頃の発売だそうですが、最近日本の楽器屋で販売されている事を知り、購入されたそうです。

IMG_8407

以前はメトロノームに直接コードで接続する事で振動を検知できる別の製品を使っていたそうですが、いちいち体につけるのが面倒でした。こちらは無線で出来ますので簡単ですね。

また、5台まで同期が可能でバンドメンバー間で同期しながら演奏も出来そうです。



■MacBook ProのSSD速さ比べ(芝)

IMG_8419

年末に購入された[MacBook Pro(Late2016)]とMacBook Pro(Mid2012。こちらはSSDをTransendのJetDriveに換装)のSSDの速さの違いを紹介しました。

IMG_8428

上図のようにMacBook Proの新旧でSSDが速さが5〜6倍と大きな違いとなっています。ハードディスクは2けた台しか出ない事を考えると、とんでもない速さですね。

IMG_8427

他に[TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C1]でのSDカードの速さ紹介や、MacBook Proをそれぞれターゲットディスクモードで繋いだ際に、変換コネクタを用いてThunderbolt3から2へ接続の速さ、FireWireでの速さなどを実際にチェックした事の紹介がありました。

ターゲットディスクモードは、どのつなぎ方でもパフォーマンスが良くないとの事が意外でした。今後は緊急用として使うのが良いそうです。



Logic Pro X 10.3(芝、補足:ノグチ)

IMG_8434

つい先日アップデートされた[Logic Pro X 10.3]の紹介です。(Touch Barの紹介のため、[Touché]というフリーウェアを使って画面上部に表示しています)

IMG_8442

10.2からの小改良と思いきや、大きく変化しました。リリースノートが[こちら]にあります。

まず、見た目が大きく変更され全体的に明るくなり、アイコンなどもデザインが変更されはっきりと表示されるようになりました。最近流行りのフラットデザインのような志向になっています。

IMG_8438

MacBook ProのTouch Barに対応しました。そこで、4小節x2でループを組んだ曲を用いて動作を見てみます。(Touch Barとはファンクションキーの代わりについた細長いディスプレイです)

Drummerトラックのキック、スネア、ハイハットなどのボタンが並び、タッチすると出力量を調整できます。しかし芝さんはドラム音源をBFDに変えており、ここで調整できても他の部分で調整が必要なため、あまり意味をなさないそうです。

IMG_8459

キーボード表示も出来ます。この小さい部分で高度な演奏をする事は叶いそうにもありませんが、ソフト音源の音をさっと確認するのには便利ですね。

他に楽曲トラック全てを縮小表示する事も出来ます。同じようにこの細長いスペース内での縮小表示なので細かい内容は分かりませんが、バーが表示され再生している位置を知るのに便利です。

IMG_8448

ステレオトラックにステレオパンやバイノーラルパンの設定ができるようになりました。

ステレオパンは幅を決めてそのまま左右に位置を振る事も出来ますし、ステレオ幅を広くしたり狭くしたり出来ます。

IMG_8449 (1)

バイノーラルパンも面白い機能です。オートメーションを掛けヘッドホンで確認してみたいですね。

IMG_8452

プラグインにデュアルモノを設定できるようになりました。左右で別々のプラグイン設定を掛ける事が簡単に出来ます。ここではディレイを使って検証してみました。

IMG_8467

他に大きく目だった点としては、

・トラックごとのテイクを複数持つ事が出来る「代替トラック」

・今までソングデータはGarageBand→Logicなど上位互換しかなかったのが、iCloud経由でソングデータをiOSのGarageBandに送信できるようになった

・集約エンジンにより再生精度が上がった

・波形に対してのプラグイン処理を、AパターンBパターンの配列を比べながら再生や変換する事が簡単に出来る「選択ベース処理」

IMG_8465

などがあります。
今回もオンラインDTM音楽スクールのSleep Freaksの動画が分かりやすいので、紹介しておきます。

Logic Pro X 10.3 Tutorial New Feature 1
(なぜか英語タイトルですが、内容は日本語です)
Logic Pro X 10.3の使い方 新機能解説②

その他の話題として、iOS32ビットアプリが次のiOS11で使えなくなるかも?というのがありました。

[定例会後半はこちらに続きます]。



2017年3月の定例会は3月4日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について 
 

2017年1月定例会が行われました。
日時:2017年1月7日(土)15:00~18:00
参加人数:12名

IMG_8331

明けましておめでとうございます。本年もMacで音楽クラブをよろしくお願いします。



■新MacBook Pro(あらせ、芝)

IMG_8265
 
先月販売開始された[MacBook Pro(2016)]ですが、早速お二人が購入されました。

あらせさんは13インチモデル、色は新色のスペースグレイです。

IMG_8268

同じく、購入された新車のMINIをデスクトップ背景にされています。

IMG_8270

注目の新機能であるファンクションキーの代わりに搭載された[Touch Bar]です。Keynoteを[Touch Bar]に表示してみました。ですが、スライドの文字があまりに細かくて読めません...。機能としてはイマイチですが、今後の改良で良くなる事を期待したいです。

また、本体の外部接続端子がUSB-Cポート4つのみとなりました。そのため、以前のMiniDisplayポート-VGAの変換アダプターなども使えなくなりました。こういった周辺機器の対応も考えなければなりません。

IMG_8287

芝さんは15インチモデル、色はスペースグレイです。
CPU、GPUを上位カスタマイズをして、SSDはなんと2TB!を選択され過去最高額になったとの事です。

芝さんは友人からのアドバイスで、[Touch ID]に中指を登録したほうが良いと勧められたそうです。キーボード操作から一番長い指である中指が楽にアクセスしやすいからだそうです。

IMG_8296

Touch Barの方はFinder、Safari、iTunesなどが便利に利用できます。
他の主要ソフトではPhotoshop、Final Cut Pro、そしてメールの振り分けにも使い勝手が良いそうです。

IMG_8299

前のMacBook Proでは換装して1TBのSSDにしたものの、すぐに不足状態になってしまったそうです。今回のMacへは移行アシスタントを使わずに丁寧に作業した結果、これだけ空きスペースを作る事が出来ました。

IMG_8302

USB-Cポートからの変換には[TUNEWEAR Almighty Dock C1]を使っています。芝さんはMacBook 12インチも所有していますので対処が早いですね。

ちなみにこの製品、なんでもUSBポートの作りが変わっているそうで製品の見た目と上下逆に差し込むのが正しい位置だそうです...。

*****

最近は性能も熟れてきており、新しいMacへ移行せず長期間使い続けている方もいます。

しかし機械ゆえに次第に不具合も発生しますし、それを抱えながら使うか新しい環境へ移行するか、移り変わりに合わせてバランスを取るのが難しいですね(ノグチ)。



KORG Gadgetのソングアレンジ(芝)

IMG_8304

[先月ノグチがKORG Gadgetでの作曲データを公開する紹介がありました](データはダウンロード出来ますのでお試しください)。このデータを使って芝さんがアレンジを加えてみたものを紹介しました。

出力方法の違いで2パターン作成しました。

・1パターン目
GadgetからMIDIデータを書き出し、LogicにMIDIデータをインポートしてLogic上のソフト音源を使って再生する。

・2パターン目
Gadgetからオーディオでトラックごとに書き出し、Logicにオーディオを貼り付けて再生する。

IMG_8308

1パターン目では、GadgetからStandard MIDIデータをDropbox経由で書き出しました。各トラックずつ小分けのMIDIファイルになります。

なお、トラックが途中から音が始まっている場合は、その位置からのMIDIデータになってしまいますので注意が必要です。(ダミーのデータを頭に入れれば解消できそうです)

元の音源と同じような音色やエフェクターを掛けてみたそうですが、Gadgetのオリジナルに近いを出すのがなかなか難しかったそうです。

IMG_8315

2パターン目では、計16トラックの書き出しの10トラック目でタイムアウトしてしまったそうです。この点は書き出しを繰り返せばOKだそうです。

いずれもGadgetの不具合のようです。しかし、オーディオの場合は頭からのデータになっているので、同タイミングで合わせておけば問題なく作業が出来ます。Logic上でステレオ幅の調整など、Gadgetより高度に音色を追い込めます。

IMG_8318

また、Logic以外のDAWの[Presonus Studio One 3]も試してみました。

LogicやCubase、DPのように過去の仕組みを引きずっておらず、新たに作られた64bitソフトですので他のDAWに比べ機敏に動作します。

音の方にも影響があり、再生音もLogicと比べてみましたが、わずかに分離が良い、わずかにコンプが掛かっていないように聴こえたという意見がありました。

須藤さんから、オーディオエンジン以外にも様々な条件によって出音が変わってくるという事の解説がありました。

IMG_8320

最上位版では、Melodyne Essentialが収録されておりピッチ修正も高度に行えます。[iPad用のコントローラーアプリ]も用意されていたりと、機能的にはかなりの水準になってきています。

その他にUSBブレスコントローラーを購入した話題がありました。海外から輸入するため届くのに時間が少しかかるそうで、次回の紹介が楽しみです。

IMG_8327
 
コントローラーのみですので、音源は別に用意する必要があります。

[Sample Modeling社]の製品が優秀で、AKAI EWIを所有している伊藤さんも幾つか購入されているそうです。奏法に対する音の変化は、モデリング音源の方が実際の楽器に近づけていくことが出来ます。



■プラグインの紹介(須藤)

IMG_8342

[MOTU Digital Performer 9]を使ったAudio Unitsプラグインの紹介がありました。

IMG_8343

[brainworx bx_rooMS]は昔からミッドサイド処理の定評があるbrainworx社によるリバーブプラグインです。ミッドサイド処理でリバーブを演算するため、他のプラグインに比べ音の広がり方に特長があり、広がり感を抑えつつも奥行き感を出せます。(99ドル)

昔は処理負荷がかかるためDSPチップでの動作でしたが、今はCPUソースが豊富になりネイティブで動くものでも十分機能します。

IMG_8344

[FabFilter pro-R]も同じくリバーブプラグインです。グラフィカルにリバーブのかかり具合が見えるのが特長ですね。

タイプとしては部屋の反射をシミュレートして演算する方式です。昔のリバーブではありえないような反射音を作り出していましたが、このプラグインは部屋の反射を想定して正確に演算しているため、自然な響きをもたらします。(169ユーロ)

IMG_8349

DAWを換える事も音の再生に影響する事が先ほどの事により分かりましたが、良いリバーブやリミッターなど自分の好みの再生音を揃えた方が、トータルで求めている音に近くなるそうです。

IMG_8347

おなじみの[iZotope Ozone 7]です。

マスタリングツールということで、この1つのプラグインの中にEQ、ダイナミクス、エキサイター、イメージャー、ビンテージリミッターなど一通りの機能が揃っています。(249ドル)

こちらも度々紹介しています「DCオフセット」です、エフェクターや各処理のためにずれてしまった音の定位を0の位置に修正してくれます。ごくわずかな異常な状態を正常に戻す役割があります。

ディザー処理も同じくレベルメーターで見えるようになっています。

細かい調整は難しい方にはプリセット方式の[Ozone 7 Elements]もオススメです。(129ドル)

いずれのプラグインもデモ版が用意されていますので、実際に自宅の環境で試して体感してみる事をお勧めします。



2017年2月の定例会は2月4日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について 
 

■Macで音楽クラブについて

mmcegg2


「Macで音楽クラブ」は、MacやApple製品を用いて音楽を楽しむ事を共有するユーザーグループです。1999年に発足し10年以上の活動実績があり、Apple User Groupに登録されています。

音楽を取り扱う際の様々な疑問や新製品の情報など、音楽の初心者からプロの方までスキルや年齢を問わずに参加しています。


■活動内容

●定例会

IMG_6147

月に一度、主に都内で行われる定例会では、MacやiPadなどApple製品の音楽ソフトや、購入された楽器や音響機器など、実物を使っての紹介を行っています。

IMG_7039

もちろん新製品の紹介だけではありません。音楽制作をする際のちょっとした疑問などを相談したりと、自分で解決するよりも色々なアドバイスが得られます。理解が深まり新たな発見があるかもしれません。

二次会では近くの居酒屋で、和気あいあいとした中で交流を深めています。

●インターネットでの交流

IMG_8141

インターネットを使った情報交換も行っています。

メーリングリストでは、音楽制作の上での疑問解決やMacトラブルのお悩み相談など、ソフトのアップデート情報やお得なセール情報を共有しています。

月に一度定例チャットを開催していますので、遠方の方との交流や定例会との間隔を埋める事が出来ます。他に、イベントの連絡などでFacebookも活用されています。

●イベント企画や参加

IMG_9407
(Macで音楽祭り2014 会員プレゼン)

Macworld EXPO Tokyoへの出展を始めとして、Mac関連のイベントに多数参加しています。

2014年12月には[Macで音楽祭り2014]というApple製品を使った音楽制作や、音楽・音響周辺機器メーカーの製品などを紹介展示を行うイベントを主催いたしました。(詳細はこちら

43819797
(Macで音楽祭り2014 ブース)

会場の確保やApple周辺機器メーカーへの参加呼びかけから始まり、Twitterや各種インターネットでの告知などを経て開催へと繋がりました。イベントでは会員による設営や受付などを行いました。

運営には色々と苦労もありますが、一つの事を成し遂げる事にとても充実感があります。

1b639822about
(福島での音楽合宿)

「Macで音楽祭り2014」セミナー内で紹介するための楽曲制作を、福島の二本松市にある[音楽スタジオペンション]で行いました。楽曲制作というテーマを持つ事で、ただの旅行ではない有意義なものとなりました。もちろん美味しい料理を堪能したりと、こちらも欠かせません。

d67cd2c8-sabout
(スタジオツアー)

レコーディングスタジオを経営されている須藤さんによるイベント、通称「スタジオツアー」を不定期に開催しています。スタジオならではの音楽を聴く事に適した環境でじっくり聴いてみたり、楽曲編集などの実演なども見られるのが興味深いです。

〜〜その他のイベント記録〜〜

IMG_5958about
(ミュージックの日フェスティバル2016)

5d01ba1aabout
(AUGM気仙沼2012)

52e50da7about
(Macで音楽ライブ バンドMMCATの演奏)

●おもな実績

【定期的な活動内容】
毎月第1土曜日15〜18時:東京都内(主に新宿)にて定例会
毎月第3日曜日22〜23時すぎ:Webブラウザでの定例チャット
メーリングリスト(随時)

【イベント実績】
ミュージックの日フェスティバル2016共催
Macで音楽祭り2014、2011主催
福島県二本松市にて音楽合宿
・2015 You Can Do It Well
・2014 メコン川のように
・2008 輝く未来に〜笑顔2008
・2006 こころのままに...
・2005 Treasure Case
・2003 Welcome to the Pleasure World(この時のみ河口湖)
スタジオツアー
AUGM気仙沼2012出展
第1回Macで音楽ライブ開催
AUGM Tokyo2011、2010参加
IMSTA FESTA2010、2009春参加
Macで音楽セミナー開催
iWeek 2002、2003出展
MacWorld Expo Tokyo出展
...他にも多数あり

(※イベントは任意での参加です)



■Macで音楽クラブを見学してみたい!

IMG_0505


随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっております。お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について 

・時間

15時~18時(途中参加可)
※18時から近所の居酒屋にて二次会があります。(任意で費用別) 

・場所

ブログ右上か、定例会記事の最後に次回の予告があります。詳しくはご連絡いただいた際にお知らせいたします。

・費用

定例会場を借りる際のシステム上、お一人様あたりワンドリンクをご注文していただくことになっております。すみませんが、お飲み物の種類に関わらず金額は一律800円として頂戴します。

ご見学者の方はブログ写真について写らないように配慮しており、お名前は掲載いたしません。

■Macで音楽クラブに入会するには?

以下のメールアドレス先にお知らせいただくか、ご見学の際にお申し付け下さい。
見学について 

どなたでも参加出来、音楽に対する技量は問いません。ただし、会名に「Mac」があるように、定例会ではMacやApple製品を使った音楽関連のご紹介が主になります。そのため、Apple製品(MacBookやiMacなど、iPhoneやiPadなど)のいずれか一つを所有している、もしくは近々ご購入の意志がある方を対象としております。

ご入会後はメーリングリストへのご登録や、新会員のご紹介など案内をいたします。

・ご入会された方の費用

入会金は無く年会費のみとなっており、1,000円(会計年度は毎年4月1日より)です。定例会にご参加された際にお支払いいだだくか、お振込によるお支払いにも対応しております。

定例会にご参加された方には、会場費とドリンク代と併せて800円を毎回頂いております。また、任意で参加されたイベント費用(例えば、合宿での宿泊代や交通費など)は分担していただく場合もございます。



Macで音楽クラブはApple Japanの「Apple User Group」に[登録されて]います。

その他のお問い合わせについては、以下のメールアドレス先へお願いします。
見学について 

2017.8.10更新

このページのトップヘ