Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

「スタジオツアー 2017年9月」のレポートです。

開催日時:2017年9月24日(日)13:00~19:00
開催場所:マイクロサウンド(西国分寺)
参加人数:6名

IMG_1657

Macで音楽クラブ会員である、須藤さんが経営されている音楽制作スタジオ「マイクロサウンド」にて行うイベントを「スタジオツアー」と称しています。



■楽曲ミキシングについて

IMG_1661

今回は、このスタジオで須藤さんが録音、ミックスした楽曲データを使用してチェックしました。(手前の画面はワイドモニターのLG 34UC98

IMG_1669

アコースティック楽器による、すべて生録でのトラック構成です。DAWは[MOTU Digital Performer]です。

予め録音時に適切なマイク位置などを合わせる事によって、後処理のイコライザーをできるだけ使わずに済むようにしています。

IMG_1683

例えばギターの場合、マイクの位置をサウンドホールからずらして必要以上に音を混ぜすぎないようにするなどです。

[iZotope Ozone 7]のDC Offset機能を使います。波形の中心位置がノイズなどの原因によりずれる事があり、再生時に悪い影響がありますので、この機能によりリアルタイムに修正してくれます。

IMG_1687

リバーブは2種類を使用、一つは全体にtc electoronicのClassicVerb(下右から2個目)を、もう一つはReaVerb Pro(Universal Audio UAD-2 Satellite OCTO付属 下右から3個目)を使用、こちらはバス1,2に。それぞれミックスバランスを10パーセントほどで浅く掛けています。

IMG_1679
上段の黒い箱がUniversal Audio UAD-2 Satellite OCTO

バスを分けてベース以外は2つのリバーブが掛かるように調整しています。

ヴァイオリンは倍音が豊かであり、ダイナミクスが大きいため楽曲としてミキシングしたときに雑味が出ないようにディエッサーで歯擦音を抑えるようにしています。他にリミッターも加えています。

IMG_1705

マスタートラックでDP付属の[MasterWorks EQ]でローカットし、不要な鳴りを防いでいます。



■イコライザープラグイン聴き比べ

IMG_1713

前出の曲を使用して、マスタートラックに掛け替えてみます。作業上2つのプラグインをON OFFして比べる方法を採りました。

それぞれの特長が1kHzの部分を3dB上げて、Q幅は1に揃えます。丁度変化する場所がギターのコード弾きの部分にあたりました。

IMG_1716

[WAVES Q10 Equalizer]左はアタック音が甘くなる傾向がありました。
[WAVES Liniear Phese EQ]右は甘くならずにそのまま上がりました。原理的に位相が変わらないのが特長であり、リニアフェイズEQとそうで無い差が分かりやすかったです。

IMG_1719

[iZotope Ozone 7]のイコライザーは位相のずれ幅を画面表示してくれます。

IMG_1728

[Fabfilter Pro Q2] はQ幅は1に揃えると感じが違いすぎるため見た目で調整。広い帯域に掛かる傾向があり、 ヴァイオリンも聴きやすくなりました。

IMG_1738-2

[Nomad Factory Equalizer model PEQ322]はパルテック系のインターフェイス。アナログ感があります。ギターリストが調整しやすい雰囲気があります。

IMG_1702

数値指定はノブの表示をあてにしないといけないので、数値を合わせる作業としては調整がやりにくいです。

IMG_1743

[Sonnox OXFORD EQ]は業務用コンソールSONY Oxfordが基になっているだけあり定評があります。

IMG_1741

[Blue Cat's Triple EQ]は無料で使えるプラグイン。ピンポイントで動かせるゲインが一つのみと、シンプル。

IMG_1745

[FLUX Epure V3] AセットからBセットヘモーフィングが出来ます。今回オートメーションを試してみましたがうまく動きませんでした。他に二倍ボタンがあるのが特長で、そのためか縦軸のメーターが他の基準の半分になっています。如何にもフランス製らしいです?

IMG_1694

プラグインそれぞれの個性があって興味深い比較となりました。音の違いも気になりますが、操作性もポイントになってきます。

特定の帯域のみの比較や立ち上げ数に制限もありましたが、変化に関してはスタジオモニターで分かるような僅かな差でした。しかし、楽曲では実際にはこれを何十トラックと掛けて行くわけですから、重要な事であります。(ノグチ)



■新曲の紹介

IMG_1750

スタジオには素晴らしいモニタースピーカーがありますので、ここで曲を聴いてみました。

利谷さんは「蛍子」というアーティスト名で活動されており、最近配信開始した新曲を紹介しました。タイトルは「Passage」。私への連絡通路、がテーマだそうです。CubaseのLoop Mashを使用して制作されたとの事。


(聴けない場合はSpotifyにログインして下さい)

IMG_1751

続いて「sasafune」。こちらは6分あります。地元の民族楽器を収録したとの事です。



ついで、ノグチから新曲でアーティスト名「Tolkkis」曲名「Time Axis」を紹介しました。

最近はKORG Gadgetで作る事が多くなっていますが、この曲はLogic Pro Xで作曲しています。フェードアウト一つをとっても自由度はやはり高いですね。



いずれもiTunes Store、Amazon Music、Line Music、AWAなど各社で配信されていますので、ご興味を持ちましたらアーティスト名・曲名で検索を掛けていただければヒットすると思います。

よろしくお願いします。

「Macで音楽クラブ 2017年9月定例会」のレポートです。

開催日時:2017年9月2日(土)15:00~18:00
参加人数:13名

IMG_1380



■セール情報(ノグチ)

IMG_1333

以前から度々お伝えしているWAVESのセール情報です(掲載時点で終了しています。8/29〜9/4頃まで本家・代理店共に開催されていました)。11月頃のBlack Fridayのセールが有名なのですが、今回はなぜか少し早く開催しています。もちろんBlack Fridayも行うのでしょう。

20170829_waves_1390

今回の目玉としてはバンドルパック「WAVES Platinum」通常259,200円するものが、なんと22,800円として提供されていることです(日本の代理店価格)。バンドル以外にも単体で3,280円と格安になっています。

ソフトウェア製品ですので、手厚いサポートはいらない方やオンライン決済のみになりますが本家WAVESサイトや、海外の代理店からの購入もアリですね。その海外の代理店の一つ「Audio Deluxe」ではさらにクーポンなどの値引きがあり、15,000円ほど(円換算)でWAVES Platinumを買えてしまいます。

詳しい方法は[こちらのページ]で紹介されていましたのを参考にしました。

IMG_1343

須藤さんからは、WAVESソフトのインストールやライセンス確認方法や、アップグレードの方法、製品の総合サポートサービス「Waves Update Plan」の期限の確認方法をお伝えしました。

この内、アップグレードの紹介へ移ります。アップグレードとはGold→Plutinumのように上位バンドルを買う際に割引価格で購入できる方法です。

まず、[www.waves.com]からMy Account→Upgradesと進みます。

IMG_1344-2

今まで購入したものが一覧となります。チェックボックスに印をつけていき、右側の「Get Upgrade Options」を押しますとその下に各種バンドルなどが割引価格で一覧となって表示され、アップグレード出来るようになります。

今回はセール期間中でしたので、さらにそこから割り引いた価格になりお得となっています。

製品の総合サポートサービス「Waves Updade Plan」の確認方法は[www.waves.com]からMy Account→Get Waves Update Planと進みます。

IMG_1346

製品と期限がこのように一覧となって表示されます。購入登録してから1年後が無償期限となります。

チェックをいれると下部よりサポート期間の延長が有償で出来るようになっています。対象製品が多いと金額も大きくなりますが、上限が設定されていますので多い場合は一括で行った方が費用が少なくすみます。

IMG_1357

さらに「I hereby confirm that I run all products on one machine at a time」日本語では「私はここで一度に1台のマシンですべての製品を実行することを確認します。」に同意出来る方はチェックを入れると値段が下がります。

IMG_1358

なかなか分かりにくいものがありますので有用な情報でした。小林さんは毎回新規で購入されていて、この方法は知らなかったそうです。芝さんはこの情報より、今回もその場でPlutinumを購入されました。

その他の関連する話題に、伊藤さんから「Abbey Road Vinyl」について質問がありました。



KORG iMono/Poly(ノグチ)

IMG_0753

コルグのアナログシンセサイザー名機「Mono/Poly」がiOSアプリ「KORG iMono/Poly」になりました。4VCOの重厚なサウンドが特長となっています。

IMG_1366

音色など基本的にはMac/PCの[KORG Legacy CollectionのMono/Poly]と同一と言って良いと思います。Legacy版は最大同時発音数が128音ですが、iMono/Polyは32音となっています。Legacy版からiMono/Polyへ作成した音色を移すことも出来ます。

IMG_0754

iMono/Polyの特長としては、タッチパネルなので音色調整がし易く、カオスパット機能で音色変化を連続的に起こすことが出来ます。また、実機には無い強力なエフェクター2機、バーチャルパッチを使う事が出来ます。

IMG_0752

KORG Gadget上では「Montpellier」として使用する事が出来ます。こちらはより狭いスペースになりますので、スイッチで表示を切り替えて行う事になります。操作性は落ちますが特長あるサウンドが使えるのはメリットが大きいです。

IMG_1367

Web情報によると、初期のGadget音源はこのMono/Polyのシステムをカスタマイズして制作されているとの事です。9/30までは33%オフの2,400円で販売されています。



■新曲の紹介(ノグチ)

IMG_0758

KORG Gadgetより制作した新曲を紹介しました。タイトルは「Some Thing」。今回はChianmaiという音源をドラムとコーラス音以外すべてに使用しています。(すみませんが現時点での音源公開はありません)

IMG_0757

この音源はFM音源的な音が出ると言って良いでしょう。Bell音など金属的な音やパッド音などを得意としています。Gadgetはどちらかというと低域中域重視のアナログシンセが多い中で、高い周波数が出る音源は存在感があります。

その他の話題としてAppleスペシャルイベントの日時の確認と、iOS11の[サポートページ開設]がありました。



■曲アレンジをしてみよう企画(ノグチ・利谷)

[2017年7月定例会]から始まった企画で、笹川さんとノグチがメロディーとコードのみの曲を用意し、各自がアレンジをしようという事になりました。今回はノグチが笹川さん曲を、利谷さんがノグチ曲をアレンジしたものを紹介しました。

・ノグチ

IMG_1369

笹川さん曲をタンゴ調にアレンジしました。Logic Pro Xのループ素材からMIDIループを抜き出し、そこからコードに合うように調整しています。

特長あるフレーズは簡単に作れませんが、素材のクセを残しつつピアノやDrummerからパーカッションなどを加えてバッキングの調整を行いました。その場で他のパーカッションも試してみました。

メロディにヴァイオリンを使用したので、イントロやハーモニーとしてホルンが担当しています。アレンジを聴いた笹川さんにも喜んでいただいたようでなによりです。

・利谷

IMG_1376

ノグチ曲をシンセアレンジしました。最近購入されたMacBook Proをお持ちし、DAWのCubaseで制作しました。

IMG_1374

新しい環境のCubaseに移行して間も無いためオーディオインターフェイスの設定で躓きましたが、OSとソフトのサンプリングレートを調整する事で無事鳴らす事が出来ました。

IMG_1388

メロディはくずしているものの特長的な部分を残しており、利谷さんらしいアレンジに仕上がっていました。その後Halion Sonic SE2やGroove Agent SE4を触りながらソフトの紹介になりました。

IMG_1390

その他の話題として、伊藤さんよりヘッドホンの音像を前方からの広がりに改善すると言われるイヤーパッド、[YAXI stPad2]の紹介がありました。また、K2さんより[プログレ関連グッズの展示会]の紹介などがありました。



2017年10月の定例会は10月7日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について 

「Macで音楽クラブ 2017年8月定例会」のレポートです。

開催日時:2017年8月5日(土)15:00~18:00
参加人数:12名

IMG_1155



IK Multimedia Syntronik(芝)

IMG_1127

[IK Multimedia Syntronik]はつい先日発売されたばかりの新製品ソフトです。

サンプルベースのシンセサイザーで、メーカーによると丁寧にマルチ・サンプリングされたヴィンテージ・シンセサイザー/ストリング・マシン名機38機種のサンプルをベースにした、17のインストゥルメント、総計2,000種類以上のプリセット・サウンドが用意されているそうです。

オシレーターのゆらぎを再現したDRIFT技術がにより、有機的で生き生きとしたアナログ・フィールにあふれたオシレータ部が生まれるそうです。

IMG_1128

今回は感触を調べてみただけなので、ソフトの詳しい事は分かりませんでしたが、アナログシンセに詳しい小林さんが試奏したところ「いいねぇ」をいただきましたので、音の再現度はかなり高いかと思います。

ただ、プリセット音色にはエフェクトが多めに掛かっているようですので、その辺りを簡単に調整できると良いという指摘がありました。

全画面に表示するとiOS的な感じになります。ただし、50GBという大容量や負荷のためMac/PCでのソフトとしての発売のみとなったように感じます。また、つい先日まで発売セールを行なっていました。



■iPad Pro 12.9インチの拡大表示における謎(芝)

IMG_1135

GarageBand for iOSのSmart Guitar/Keyboardでの表示についてです。iPad Pro 12.9インチでは画面の大きさを生かして12個のコードを配置出来、1曲演奏する際にも便利です。芝さんがApple Store 渋谷へ行った際に展示されていたiPad Pro 12.9インチを見たところ、なんと8個しか表示されていませんでした。

IMG_1130

分からないため店員さんに尋ねましたが、詳しい方がいませんでした。そこで、Appleのオンラインサポートに電話で質問する事になりました。端末のシリアル番号を伝えて尋ねた所、画面表示の拡大が関連しているようだという事が分かりました。

IMG_1139

「設定アプリー画面表示と明るさー拡大表示(標準)」にする事で解消する事が出来るようです。しかし、この場にお持ちしていた会員のiPad Pro 12.9インチではその項目が出ているものと出ないものがあり、さらに謎を呼んでしまいました...。 (その後の情報で、この機能はiPhoneと初代12.9インチiPad Proで使えるようです)



■iOS 11で動作不能になるアプリの調べ方(ノグチ)

IMG_0749
(一部加工があります)

今年の秋頃に公開される予定のiOS 11では32ビットアプリが動作しなくなります。Appleでは簡単に32ビットアプリを調べる方法を提示していますので紹介しました。

「設定アプリー情報ーAppーApp互換性」という項目が出てきます。そこに出ているアプリはすべてiOS 11では動作しなくなります。また、アプリをタップするとApp Storeの該当アプリへ遷移します。

ポイントとしては、ここでApp Storeに遷移出来るアプリは可能性は薄いものの、今後開発者がアップデートをしてくれるかもしれないという事です。遷移できない(公開終了している)場合は、もうそのアプリは諦めて代替できるものを探した方が良いでしょう。

IMG_1142

会員の皆さんも試してみましたが、そもそもアップデートをしていなかったため表示されているものが沢山あったようです。まずはアプリをアップデートして最新版に揃えてから調べてみましょう。



■KORGの定例セール情報(ノグチ)

korg_summer_sale2017

去年に引き続き今年も夏セールを行なっています(8/20まで)
コルグ音楽制作アプリ&ソフト:全製品最大50%オフのスペシャルサマー・セールを実施!

[iWAVESTATION]と[ARP ODYSSEi]は以前よりも割引率が大きくなってお求めやすくなっています。

また、これからお求めになる方はKORG Module Standard for iPhoneは購入を推奨しない事を伝えました。Standard版は価格が若干安い以外にメリットが無く、音源の拡張が出来ません。これから購入をお考えの方は、[KORG Module](iPad/iPhone両対応)の方を選んで頂きたいと思います。



■KORG Gadgetでの新曲紹介(ノグチ)

IMG_1146

先日、[KORG Gadget for iOS 3.2](for Mac 1.2)にアップデートされ、Factory 2というプリセット音色集が追加されています。Factory 2はちょっと雰囲気が変わったような音色が多いように感じます。SEのように、面白いですが使い所が難しい音色も含まれています。バリエーションが増える事は良いですね。

追加されたのはすべてのガジェット音源では無く、9つのガジェット音源で実施されています。

さて、今月紹介した新曲は「Actual Scale」というタイトルの曲です。(今回も諸事情により、現時点で非公開とさせていただきます)

シンプルにF-Ebと繰り返すコードの中で、各パートが絡み合いつつ盛り上げていく構成になっています。パートのON-OFFを繰り返す事だけでも曲に変化をもたらすには有効という、ちょっとしたアレンジテクを紹介しました。



■曲アレンジをしてみよう企画

[先月のブログでご紹介した]アレンジ企画です。今月は、芝さん、笹川さん、伊藤さんがチャレンジしました。

IMG_1164

芝さんは、[Band-in-a-Box]を使って簡単アレンジをしてみました。
まずは、全自動で試しにやってみました。笹川さんVer.ソングのMidiのメロディーがありますので、それをBand-in-a-Boxに取り込み自動でコードをつける方法です。メニューから「Midiファイルをメロディーパートにインポート」を選びました。

IMG_1168

ポイントとしては、Midiデータの頭を予め2小節空けておく必要があります。そこにはBand-in-a-Boxが自動的にカウントにかぶせるためです。

IMG_1171

こうして自動作成されたデータを聴いてみましたが、コード進行的にも面白みが無く、無難ではあるものの今ひとつな出来になってしまいました。

今度は、原曲制作者からのおすすめコード進行が予め用意されていますので、これをBand-in-a-Boxで入力していきます。PopDanceなどスタイル選んでいきます。

IMG_1186

この後は、Logicに展開しますが、その際に便利なDAWプラグインモードというのがあります。単にBand-in-a-Boxの画面がコンパクトにまとまってドラッグ&ドロップしやすいようになるだけの機能ですが、便利には越した事が無いですね。

各トラックをインポートして、ドラムはDrummerを使います。「従う」をONにする事により、ベーストラックのリズムにバスドラムのタイミングを自動で合わせてくれます。

本当は、ここからオリジナルのフレーズ追加やエフェクターを加えたりすると、より良く仕上がると思いますが、楽器全く弾いていなくてもアイディアだけでここまで出来てしまうのは素晴らしいです。

IMG_1179

笹川さんはノグチVer.ソングからまず1コーラスだけ、仮?タイトルは『日本の祭り』という通りお囃子的なフレーズが入り、それだけでもう雰囲気が出来ています。この後ストリングスなど追加予定だそうです。コードは最後部分をBbからCmに変えて終わり良くしています。 

IMG_1196

伊藤さんはBand-in-a-Boxにより、笹川Ver.ソングからトランペットの音が美しい(Sample Modeling音源)歌謡曲的な16ビートアレンジ、レゲエアレンジ、最新版J-Popアレンジを紹介いただき、ノグチVer.ソングからユーロアレンジ、EDM?アレンジ、Rockアレンジと沢山紹介いただきました。

Band-in-a-Boxの最新版では、作業時にバグのため楽器別にLogicへインポートする事が出来なかったようで(修正済み)、Band-in-a-Box上で2トラックにまとめたそうです。



2017年9月の定例会は9月2日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について 

このページのトップヘ