Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

2016年8月定例会が行われました。
日時:2016年8月6日(土)15:00~18:00
参加人数:13名(見学1名含む)

IMG_7573



KORG nanoKEY StudionanoKONTROL Studio(芝)

IMG_7464

先月の定例会上でアマゾン購入を披露された芝さんですが、早速商品が手元に届いたそうです。速いですね。

人気の[KORG nanoKEY Studio]は在庫が無い為いろいろと探した所、愛知県の業者から注文されたそうです(最近は在庫状況も落ち着いてきているようです)。

Bluetooth MIDI接続はiPadの方が迷うことなく繋げられるので、ここではMacへの接続方法の紹介をしました。

あらかじめ、[KORGのサイト]からKORG USB-MIDI DriverとKontrol Editorをインストールしておきます(nanoKONTROL Studioも併せて紹介しましたので、GarageBand/Logic用Control Surface Plug-inもインストールしました)。

IMG_7476

Bluetooth機器の登録というとメニューバーから設定すると思いがちですがそうではなく、AudioMIDI設定のソフトから登録します(〜/アプリケーション/ユーティリティ にあります)。

ソフトを立ち上げるとBluetoothアイコンがありますので、ダブルクリックします。nanoKEY Studio側が探索状態になっていれば一覧に出てきますので、ここで接続すれば登録完了となります(ちなみに、小林さんよりこのウィンドウへショートカットする[ソフト]の紹介がありました。OSX El Capitan以降対応)。

IMG_7480

GarageBandでnanoKEY Studioの感触を確かめてみました。キーは強弱をつけることも出来ますし、アルペジエイターも搭載されていますので、ちょっとしたフレーズを弾くことが楽しくなりますね。各ボタンも光るようになっており、ライブシーンでも活躍する事でしょう。

IMG_7494

伊藤さんによるとiMac Late2011に搭載されているBluetoothの規格が古いため、Bluetooth MIDIの機能が使えないそうです。同じ規格でも少しづつ進化しているようですね。詳しくは[メーカーのページ]に対応機種が書かれていますので、検討されている方はチェックしておきましょう。



Band-in-a-Box 23(芝)

IMG_7501

続いて、[Band-in-a-Box 23]の購入報告がありました。

Ver.21からのバージョンアップで、前回のVer.22も購入予定だったそうですがすぐ売り切れてしまったため(初回限定?)、今回は急いで買ったそうです。

英語版の2015が今回のVer.23に相当するようです。最近はWindows版の日本語版リリースの方が早いので少々残念ですね。

IMG_7500

芝さんはインストール用にSSDの空きを作っておいたのですが、139GBしか残りがなく心配していました。ところが、実際にインストールした所わずか8GB分しか減らなかったそうです。

これは、あらかじめ以前のバージョンをインストールしてあったため、その差分が増えただけのようです(Everything PAKでは100GBほど収録されています)。

Band-in-a-Boxには3グレードあり、購入された最上位Everything PAKにはハードディスクが付属します。今となってはDVDドライブが無い機種が大半ですし、転送速度も考えるとこちらの方が便利ですね。

IMG_7498

ということで、バージョンアップを何度もしているとこのようにハードディスクが増えていきます(次バージョンからは3バージョンより前からのバージョンアップ購入が出来なくなるそうです)。

ソフト紹介へ移ります。毎回細かい画面で分かりづらいのですが、バージョンアップに伴い少しづつ整理されミキサー画面が使いやすくなっています。

IMG_7504

メロディーからコードを生成する機能も楽しいです。
山白さんはちょっと変わった手段を用いています。Finaleでコードを打ち込み、それを演奏させたデータをMIDIファイルにして、Band-in-a-Boxにインポートしてコード検知するという難しいことをされているそうです。本当はそのままコードを移せれば良いのですが...。

IMG_7507

フレーズのスタイルだけで5000種類以上と、あまりに膨大な量で確かめるだけで相当な日数がかかりそうです。色が変わっている部分がありますが、今回は解明出来ませんでした。

紹介欄には、元ネタの曲名がそのまま載っていたりとユニークな所もあります。
詳しくはまたの機会にということになりました。



■iOSアプリの紹介(ノグチ)

IMG_7554

FM Essential(無料)

IMG_7519

[FM Essential]はFM音源アプリですが、あのヤマハからということもあって非常に完成度が高いです。しかも無料となっています。

真ん中の丸い部分(ボールパッド)をタッチしながらなぞる事で継ぎ目なく音色が変化していくのが楽しいですね。コードパッドやアルペジエイター、ループリズムが用意されており簡単に扱えます。

音色のエディットも出来、4オペレーターからの構成になっています。特徴的なのはモデルを変更でき、 FM Essential、DX100、TX81Zなど微妙な違いなのですがシミュレートできます。

IMG_7536

と、至れり尽くせりなのですが、残念ながら音色の保存など機能制限があります。
これは、[MXシリーズのキーボード]に接続する事ですべての機能が開放されるようになっているためです。出来は素晴らしいので、今後内部課金などで開放できるようになって欲しいです。

Synphonizer(無料)

IMG_7539

[Synphonizer]は楽譜をめくる事ができるアプリです。先月はBluetoothフットスイッチでめくるアプリがありましたが、こちらは内蔵カメラで顔を認識し、笑顔を作る事でページめくりを行えます。最初に練習画面があります(上図)ので、反応すると下の点がグリーンになります。

反応や使われるシーンを考えると???な部分もありますが、面白い発想のアプリですね。

Kittar(無料) 

IMG_7560

[Kittar]はフレーズ単位で楽器演奏を楽しめるアプリです。こちらもヤマハから提供されています。

曲はミュージックライブラリから読み込みます。そうすると自動的にフレーズ単位に区切られて歌や楽器の演奏に最適になります。ピッチを変えずにスロー演奏や、キーをトランスポーズする事も出来ますので、お好みの練習に使えます。

自動的に切られたフレーズですが、解析が合わなかった場合は自分で位置を修正する事も出来ます。



■合宿曲のミキシング(ノグチ)

YouCanDoItWell

去年11月に行われた合宿曲から、ミキシング済みのを紹介しました(ノグチバージョン)。上図は合宿時の写真から起こしています。曲については現時点で会員のみの紹介とさせていただきます。

ひとまず完成となりましたので、今年行うであろう合宿についての話題となりました。

IMG_7552

ちなみに、この曲を使って[Lurssen Mastering Console]のデモモードでのマスタリングも少し紹介しました。元の方はWAVES L2を使っていますが、それにくらべ音を積極的に変えるような傾向を感じました。

エディットできるパラメーターを極力抑えた仕様は、初心者にも扱いやすいかと思います。



■iTunesから楽曲をFinderにコピー出来ない件(伊藤)

IMG_7570

[iBooks Author]で自前の電子書籍を作っている伊藤さんですが、iTunesに登録した特定の曲がiBooks Author上にコピー出来ない事に気付きました。同じようにFinderにもコピー出来ませんでした。

そこで、CDを取り込む所から実証して解決の手段を探ってみました。確かに取り込んだ特定の曲だけがコピー出来ません。

IMG_7575

iTunesの中からでなく、Finder上の元のファイル自体をコピーする事は出来ました。

教則用のCDのため、該当の99曲目はコピー出来ませんでしたが、98以前の曲は問題なくできています。最初は曲数が問題かと疑われましたが、どうやら曲タイトルが長すぎる事でiTunesがエラーを起こしコピー出来なくなったようです。

曲タイトルを省略する事で無事コピーするようになりました。稀な症状ですが参考になりました。



liveBPM(山白)

IMG_7594

再びiOSアプリの紹介です。[liveBPM](480円)は、楽曲のテンポを自動判別してくれるアプリです。曲は内蔵マイクで拾う事によって解析されます。

時間軸で記録もされますので、ドラムの練習やバンドの練習などで、途中でのテンポの揺れをチェック出来ます。

山白さんは、演奏しながら希望のテンポに合わせるような使い方をされているそうです。



KORG plugKEY(小林)

IMG_7601

[KORG plugKEY]はモバイルMIDI+オーディオインターフェイスです。
非常にコンパクトなサイズで持ち運びが楽です。

楽器アプリを手持ちの鍵盤に接続して使いたいという目的に、シンプルに適したものとなっています。電源供給を行いながら使用する事が出来ますので、長時間使う際でも気にしなくて済むのは良いですね。

しかし、小林さんによるとノイズが乗ってしまうとの事です。メーカーによると(参考リンク)特定の機種とOSにより発生するようですので、今後のアップデートでの修正を待ちたいと思います。



9月の定例会は9月3日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

2016年7月定例会が行われました。
日時:2016年7月2日(土)15:00~18:00
参加人数:12名(見学1名を含む)

IMG_7336



■セール情報や最近の出来事など(ノグチ)

IMG_7280

まずはセール情報を紹介しました。

・IK Multimedia SampleTank iOSが無料 ※終了しています。
・WAVESのセール(50ドルクーポンも配布)※終了しています。
 残念ながら今年は無料のプラグイン配布が無かったようです。

一番大きいセールというのも変ですが、直近に例の件での大きな為替変動がありました。そのため、半年前より1ユーロで20数円、1ドルで20円程度の下落があったのは見逃せないです。特にwebなどで海外から直接購入できるソフトには注目したいですね。

それに付随して、近い内にMac App Store、iTunes StoreやMac本体などのレートも変わることが予想されますので、今後に注視しておくと良いでしょう。

次に最近の出来事から、Logic Pro X 10.2.3のアップデートでのマルチ出力不具合が10.2.4(リリースノートのGoogle翻訳)で解消されたらしいという情報を紹介しました。

WWDCで発表された次期Mac用OS「macOS Sierra」ではSiriが搭載されるようですが、それよりも個人的に重要と思った点として、ファイルフォーマットの[HFS(MacOS標準フォーマット)]がついに読み込みにも対応しなくなるという点です。昔のCD-RやDVDにデータを保存されている方は注意しておきたいです。

その他に、OSX El CapitanでNULという文字化けした文字列が入ってしまったファイルを削除できない場合の[削除方法]を紹介しました。



KORG Gadget 2.5KORG Module 2.5(ノグチ)

IMG_7286

[KORG Gadget]が2.5に定例会前日アップデートされました。主に3つのGadget音源が追加され(アプリ内購入)、トラック毎に5系統のインサートエフェクト(8種類に増加)を追加できるようになりました。

IMG_7292

早速、Gadget音源から「KAMATA」を購入しましたので簡単に紹介しました。
namcoの80年代のゲームサウンド音源である、波形メモリ音源を模したものとなっています。リンク先でも分かる通り非常に出来が良く、懐かしいサウンドを手軽に楽しめるものとなっています。

他のGladstone(リアルなドラム音源)、Madrind(リアルなベース音源)も今までに無い表現力を高めてくれそうで期待大です。デモ曲は[こちらから]聴くことが出来ます。

IMG_7274

[KORG Module]も同じく2.5にアップデートされました。このバージョンより単独でiPad/iPhone両対応のアプリになり、別々に買わなくて良いので助かります(元がiPad版のみ)。こちらはサンプルを大きく使った高品位音源アプリですが、80's Electric Piano、そしてMellow Tape Keyboardが追加されました。デモ曲は[こちらから]聴くことが出来ます。

この内、Mellow Tape Keyboardが期間限定で無料で購入出来ましたので、サウンドを体験してみました。実機ではテープに録音していますので、発音に時間制限のあるところなどがしっかりと出来ているのが分かりました。元の音源に詳しい方からも評価いただきましたので、これは外せないですね。

IMG_7301

ちなみに両ソフトとも販売記念セールがあり、紹介時では終了の予定でしたが、7月末まですべてのコルグアプリがセールと拡大延長されていますので要チェックですね!

その他に今月もGadgetの新曲「Solid Pin」を聴いていただきました。これで半年ぐらい定例会毎に続いています。今の所定例会でのみご紹介しています。
 


■Inter-Device Audio Mode(ノグチ)

Logic Pro Xが10.2.3よりOSX Yosemite以上の対応になり、自分もOSをOSX El Capitanにしました。その際に見つけた「Inter-Device Audio Mode」という機能を紹介しました。

これはOSX El Capitanの新機能で、iOSデバイスをオーディオインターフェイスとして認識できるというものです。

IMG_7311

やり方はまず、iOS機器(ここではiPad miniを使いました)をMacとUSB接続します。無線では出来ませんので注意しましょう。

次に、Audio MIDI設定よりウィンドウ「iOSデバイスブラウザを表示」をします。そうするとウィンドウが出てiPad miniが表示されますので、接続ボタンを押します。

IMG_7314

次にLogicを立ち上げて、入力デバイスにiPadを選択できるようになりますので選択します。これでLogic上で録音ができるようになりました。

早速 KORG Gadgetで音楽を鳴らしながらLogicで録音できることを実践しました。この件については[こちらの記事]を参考にいたしましたので、ご参考ください。

前回の定例会で紹介した「Studiomux」も結果的に同じような事をしていますが、Studiomuxではinter-app audioかAudiobus経由でしか録音ができません。しかし、MIDI信号も合わせて送る事が出来、精度の高い演奏にはこちらの方法が向いています。

Inter-Device Audio Modeではより簡単にiPadの音を録音する事が出来ます。iPad上でなるほとんどの音(たとえばゲーム音などなんでも)が録音可能となっています。



ZOOM U-44(伊藤)

IMG_7318

[ZOOM U-44]はポータブルな4in4outのUSBオーディオインターフェイスです。本体は縦長のコンパクトなサイズになって、持ち運びにも便利そうです。

伊藤さんは主にiPad用に購入されたそうです(以前使っていた物が使えなくなったため)。電源はUSB接続か、単三電池2個、もしくは別途購入のACアダプターにて動作します。

IMG_7334

また、自宅のiMac用オーディオインターフェイスには[Apollo Twin duo]を所有しており、U-44に備わっている[S/PDIF]端子よりデジタルでduoへ接続できますので、併用する事により入力端子が増えるメリットがあります。

他にも、拡張端子が用意されており、専用の特徴を持ったマイクを別途購入する事で録音機能を拡張する事が出来ます。

IMG_7331

ここで、須藤さんよりMac上のAudio MIDI設定にカスタムアイコンを登録する方法を紹介しました。

~/ライブラリ/Audio/MIDI Devices/Generic/images

こちらにjpgやpngなどの画像を置きます。これで、Audio MIDI設定のプロパティよりアイコンブラウザ上に表示されるようになりました。

IMG_7338

アイコンを選択する事で、このように表示されます。
ちょっとした事ですが、綺麗に表示されているだけでもやる気が起きますね。見た目は大事です。



KORG nanoKONTROL StudioでLogic Pro Xをコントール(芝)

IMG_7347

須藤さんからお借りした[KORG nanoKONTROL Studio]をLogic上で使う方法を紹介しました。

IMG_7342

まず、MacにBluetooth機器として登録します。
AudioMIDI設定のMIDIスタジオからBluetoothマークをクリックします。
下のリストにnanoKONTROL Studioが出てきますので、接続する事が出来ます。

コルグからnanoKONTROL Studioプラグイン(ドライバー)をインストールしておきます。Logicからコントロールサーフェスに登録され使えるようになりました。

反応具合を試してみました。思わず「ああ、これはいいですね〜」(笑)と感嘆の声が上がりました。ちなみに、Mac側のBluetooth規格も最近のBluetooth LEに対応した機種が良いそうです。

IMG_7346

曲を再生しながらここという部分にマーカーを入れていく作業が便利です。マーカー飛ばしをしてみた所、再び「これはいいですね〜」(笑)。
という事で、芝さんはこの場でAmazon購入の運びとなりました。



■「メコン川のように」をカラオケで歌ってみた(仁井田)

IMG_7355

一昨年の合宿曲「メコン川のように」をカラオケにして歌い、ソロバージョンを制作されました。Logicに録音したものに、さらに同じフレーズを被せたものを今朝に録音して、双子のように厚みを持たせました。

IMG_7358

この他にも、4ビート版も制作されており、途中までのを聴かせていただきました。

こちらも厚みを持たせたいそうですが、普通に歌うのではオクターブ下は無理だそうですので、ピッチ修正などでどう対応したらよいか相談がありました。

[LINE6 Sonic port VX]やポップガードをレンタルスタジオに持ち込んで作業されているそうです。

その他に、笹川さんより楽曲のベースフレーズを考えていただきたい相談と、伊藤さんよりiTunesから特定の曲のみデスクトップなどにコピーできない不具合についての相談が寄せられました。



8月の定例会は8月6日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について



 

2016年6月定例会が行われました。
日時:2016年6月4日(土)15:00~18:00
参加人数:14名

IMG_7016-2



Olasonic TW-S7(長峰)

IMG_6946

[Olasonic TW-S7]はUSB接続のスピーカーです。たまご型の特徴がある形をしています。2台一組のセットで、専用の台座(インシュレーター)も付属しています。

IMG_6948

スピーカーとMacはUSB接続のみでオーディオ信号接続と電源供給が行われます(アナログ入力は無し)。ACアダプターなど別途不要でコンセントを気にせずに使えるので便利ですね。

Macから音源を試しに鳴らしてみました。
非常にコンパクトにもかかわらず、大音量で元気な音が出ており結構低域も出ます。
通常USBの供給電力では非常に限られた量しか供給されないのですが、この機種では小音時にコンデンサーに充電して大音量時に吐き出すことで、力強い出力が可能となっています。

IMG_6950

音質はこのように非常に良いのですが、リバーブ成分を聴きとりにくい性質があるようです。

試しにGarageBandで出力を行ってみました。リバーブ量を中位まで上げないとはっきり聴こえませんでした。ですので、普段聴きには全く問題ないのですが、楽曲のミキシングには不向きなようです。

お持ちいただいた専用ケースは別売りだそうですが、持ち運びには便利ですので揃えておきたいですね。



■無料セールのアプリ紹介など(ノグチ)

IMG_6992

iOSアプリの期間限定無料セールがありましたので紹介しました。

Audiobus(アプリ間でオーディオ信号をやりとりできます。セールは終了)
Loopy HD(録音した短いフレーズを組み合わせて、簡単に曲制作ができます。セールは終了)

続いて、IK Multimediaのセールを紹介しました。

iRig Keys、iRig Padsなど対象製品購入者に、SanpleTank 3フル版をプレゼント!
(二度延長があり、6月30日までとなりました)
IK創立20周年記念Fully Loaded Guitar Interfacesプロモ!
(AmpliTube 4 Deluxe for Mac/PCがプレゼント。7月31日まで)
 
いずれも数万円相当のソフトがプレゼントされるので、ハード代よりプレゼントされるソフトの方が高いという逆転現象も起きています。気になる製品がありましたらお勧めです。



KORG Gadgetアプリで新曲と、nanoKONTROL Studio(ノグチ、須藤)

IMG_6995

須藤さんからお借りした、[KORG nanoKONTROL Studio]はUSBでもBluetooth接続(ワイヤレス)でも繋がるフィジカルコントローラーです。ボタンが光るようになっています。

IMG_0674-2

 さっそく[KORG Gadget]をBluetooth MIDI接続を試してみました。ちょっと上手くいかない事もありましたが、接続後は安定して使う事が出来ました。(個人的な感覚では他のメーカーでもBluetooth MIDI接続はなぜかスムーズにいかない時もありますので、現時点ではそういうものなのでしょう)

IMG_6983

[KORG Gadget]アプリでは最適化されたモードに自動的になり、各トラックにフェーダーが割り当てられるようになっています。もちろん、各種DAWソフトにも対応したモードが用意されています。

同じように姉妹機の[KORG nanoKEY Studio]という演奏向きのコントローラーも発売されましたので、こちらも気になる製品ですね。

今回もGadgetで制作した新曲を紹介しました。タイトルは「Tangible Patch」。Gadget音源のChiangmaiが奏でる、シーケンフレーズが美しい曲となっています。存在感のあるiM1と、Kievのコンビネーション音色も良いですね。

IMG_6951

ちなみに、今回は須藤さんより説明用にマイク「Shure SM63L(リンク先はSM63)」をお借りしています。コンパクトなミキサー「dbx goRack」も相性が良いですね。



Studiomux(ノグチ)

IMG_7002

iPad/iPhoneのアプリから出力した音声やMIDIをMac/PCに送る事ができるアプリの紹介です。

IMG_0677

Studiomuxを立ち上げると、このような画面になります。縦にトラックが並んでいます。
オーディオ出力はInter-App-AudioかAudiobusに対応しています。ここではInter-App-AudioでGadgetをIトラックに登録しました。

20160619_22_02_19
 
 Mac側には、あらかじめ専用ソフトとAudioUnitsやVSTのプラグインをインストールしておきます。そうする事でLogicのソフト音源として出てきます。認識していれば機種名とアプリ名が出てきます。

重要な点としてはiPadとMacをUSB接続する事です。無線で出来ると勘違いしがちなので、注意しておきましょう。 

20160619_22_04_04

この状態でMIDI出力をiPad側へ送る事が出来るので、iPadのアプリをLogicのソフト音源のように扱う事が出来ます。また、ソフト音源出力をBus出力してオーディオトラックの入力で受ける事により、音声を録音する事が出来ます。

この後、MidiクロックでLogicからGadgetの同期が出来る事も確認しました。(同期はアプリ側で対応している必要があります)

テンポを変えたりしてもしっかり追従しています。わずかな遅れはありますが、感じとしては悪くないです。なかなか興味深いアプリですね。



iOS GarageBandの新機能(芝)

IMG_7007

[iOS GarageBand]がアップデートされました。新機能として中国の楽器とループが追加となっています。

ちなみに楽器の方はなぜか隠し機能となっており、通常では出てきません。

IMG_7009

出し方としては、まずSmart Keyboardなど音源ウィンドウにします。そして右上の設定よりー詳細ー中国の楽器をオンにする事で、音源ウィンドウに楽器Erhu(二胡)、Pipa(琵琶)が出てきます。

IMG_7008

簡単な操作で、中国楽器の特徴的なフレーズを簡単に奏でる事が出来ます。これは使っていて非常に楽しいです。中国の皆さんにはデフォルトでONになっているようですが、これは世界中の方に開放した方が良いと思います。



Transcribe!(山白)

IMG_7023

[Transcribe!]はMac/PCに対応した、耳コピに有用となるソフトです。

IMG_7026

部分ループ再生やピッチ調整、スロー再生、イコライザーなどでカットするなど主要な機能は備わっています。カラオケ再生モードもあるので、歌以外を強調する事も可能です。

IMG_7029

曲中のピッチを解析する事により、キーボード表示の上に楽曲中のピッチが強く出ている部分を山型に表示してくれます。

アドリブの解析などにも役立ち、実際に楽曲の書籍を出版されている方でも使用例があるそうです。



iRig BlueTurn(小林)

IMG_7037

[iRig BlueTurn]はバックライト付きBluetooth接続のフットペダルです。

先月の定例会で話していた、Bluetooth接続の何かとはこの機種を購入されたそうです。これを使い譜面アプリのページめくりを足で操作する事が出来ます。弱くボタンが光っているので、ライブなど暗い場面でも確認出来ます。

IMG_7039

単四電池2本で動作します。片手で持てるほどのコンパクトサイズながら、フットペダルですので頑丈な作りをしています。

次はiPad Airより楽譜が大きく表示が出来る、iPad Proに興味が湧いているそうです。

その他に、芝さんよりCubasis LEの話題、須藤さんよりインターネット経由でオーディオ信号をやりとりできるAudioUnitsプラグイン、「AUNetSend」「AUNetReceive」の紹介がありました。



7月の定例会は7月2日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第1会議室で開催予定となっております。

随時見学を承っていますので、お気軽にご参加ください。ご希望の方はご連絡を頂いてからとなっておりますので、お手数ですが以下のメールアドレス宛にお名前と参加予定日をお知らせください。
見学について

 

このページのトップヘ