Macで音楽クラブ

MacやiPhoneなどのApple製品と共に音楽を楽しみませんか? 10年以上の活動実績があり、初心者からプロの方まで積極的に情報交換を行っています。

「Macで音楽クラブ 2022年8月定例会」のレポートです。

開催日時:2022年8月6日(土)15:00~18:00
開催場所:ZOOMオンラインミーティング
参加人数:5名

暫くぶりです。不定期に更新再開する事になりました。
2022年6月の定例会は新宿で行いました。

IMG20220604171841

2022年7月は新宿、8月はZOOMオンライン会議で行なっています。
8月の模様を後半より参加した部分のみを記述します。



■今回はすべて雑談より

当クラブでもコロナウイルスに罹患されている方が出ています。

ワクチン接種はされていますか?
体に負担がかかる行為なので、ウイルスに対しては抗体や症状軽減効果あります。各自でどちらにメリットをおくか十分考慮して下さい(クラブの意向では無くノグチの感想)。

最近は罹患の原因を探っても特定ができない場合が多々あるそうです。
睡眠不足など抵抗力が落ちないように生活するのが大切ですね。

■夏といえば熱暴走

K2さんのiMacは何年か前に熱暴走に。
修理に出されましたが、埃がつまっていて内部掃除のみで返されたことも。

本体後ろに向けて小さな扇風機(AC)をつけて熱を逃すのも良いですね。(須藤)
最近の音響ミキサーはパソコンのような構造になっているので、ファンを回しておくと良いそうで。

■M1 Macに切り替えどきは?

TC(DAWプラグイン)も諦めてと、今後M1に切り替えた際はお客さんにも伝えてあるそうです。(須藤)

エフェクターのバージョンアップも慎重にやっており、一個前のバージョンに戻すのは大ごとです。

Macは現状とりあえず困っていないが周りが新しくなってしまう...。
OSとの連携が重要なAppleエコシステムの泣き所という事でしょうか。

■iPad/iPhoneソフトがM1 Macで動く?

M1でキラーアプリがでれば(K2)。

実はiPad/iPhoneソフトをM1 Macで動かす事が出来ます。
デジタルミキサーのアプリがMacで動くかも(須藤)。マルチタッチが動くとさらに良いです。

ただしすべてのソフトが動くとは限らないのがミソ。(ノグチ)

開発元がM1 Mac上でも動かす事を許可していないとダメ。
たとえば、iPad/iPhone用のKORG GadgetはM1用で動かす事は許可してません。
そもそもMac(M1)用のKORG Gadgetが別で存在しているので損してしまうからです。

■運良く

最近までiPhone 6s使っていて5月にiPhone 13(mini)に。
値上げ前にでギリギリ間に合いました。
家族用含めた3台を含めて購入したのでメリットが大きいです。

K2さんは同じように3台分購入。
(値上げ幅を考えたら13 proにすればよかったかも)

二人ともキャリアショップではない購入で在庫が潤沢にあった(須藤)そうです。予約しても入荷が来ないS*******...。

■CarPlayと車

ゆくゆくは車本体の制御も。中国は自動制御レベルが高い。
なぜなら街中の運転マナーが悪いからこそ、いろんなケースのデーターを取れるそうで(K2)。
ありうる話ですね...。

K2さんはホンダFitを買い、自動運転の技術に驚かれたそうです。
高速道路でアクセルは離しても良く、ハンドルは添えるだけでカーブも曲がります。 

車に関連して、早朝のトラック漫然と運転しているので怖いそうです。(須藤) 
なんでも、トラックは車間を詰めると燃費が上がるとの(空気抵抗?)話があり、同じ会社が列を成している際にそのような事をしている場合が考えられます。
それも含めて後ろにはつかない方がよいそうです。 

■中古機器がの値上げが解せない

主に円安要因により、値上げが続いています。
新品は分かるとして、中古機器の値上げが解せないです。
中古は円安になる前に仕入れたものですから、便乗値上げを考えたくなります。

そんな中でハードオフ通いの話題が。

レトロ家電コーナーやソニーコンソールテレビ。コロンビア電畜。家電品、照明、楽器、ギター、ベース..。

関連してスピーカーのコーン紙がダメになってしまっても、修理してくれる業者があるそうです。(須藤)

ハードオフ不用品の引き取り(わずかな金額)で利用した事があります(ノグチ)。
市町村の廃品回収では費用がかかってしまうものも、無料以上で持っていってもらえるので助かりました。

またハードオフにはアプリがあり、購入売却などでポイントが貰えます。

来店でもポイントもらえるのも良いですね。さらにアプリの位置認識が結構アバウトで車で店前を通過してもポイントもらえることも...。

ホームページで在庫検索して、TCオーディオインターフェースを神奈川まで買いに行った事も(須藤)。



■ノグチからお知らせ

Pythagoras

アルバム配信「Pythagoras(ピタゴラス)」

Tolkkis 6thアルバムとして2021年リリース。
ポッドキャスト番組「TAC Podcast #2#3」151回目以降に使われているBGMと効果音をに収録されています。定例会でもいくつか紹介しています。

ポッドキャスト番組の不定期化に伴ってそのまま採用されている事を考慮した結果、8月頭に一年延長して(費用を払っています)配信継続しました。

iTunes Store 他 ¥2,037(ダウンロード販売)

そのほかの曲多数もサブスク配信を行なっています。
サブスクはこまめに聴いていただける事で収益が上がるシステムになっていますのでお聴きいただけると嬉しいです。

Apple Music、Spotifyなどお楽しみいただけます。こちらでご確認ください。


mmcegg3


Macで音楽クラブブログをご覧いただきありがとうございます。

当ブログは引き続き休止しておりますが、クラブ活動は2021年年末より新宿での定例会を再開しました。場合によってはZOOMによるWeb会議も併用しております。

今後の活動は新型コロナウイルスの拡大状況により、随時対応を変更する場合がございます。

ご興味がありましたら、メールでお問い合わせ下さい。
見学について 

zoom_meeting

ZOOMミーティングとオフライン会議(新宿の事)との比較を行いました。クラブ活動で実際に感じた点を書いています。

■長所

(A1)
遠方の方でも交通費用、移動時間が掛からない。
泊まりも考慮しなければならない場所からでも、不利な点を遠方ほど大きく軽減してくれます。

(A2)
ZOOMミーティングだけなら、オフラインに比べて会場費を軽減出来ます。

(ZOOM参加者は無料でソフトも無料です。主催者のみ費用がかかりますが、フリーアカウントでも40分までは無料使用可能。それ以上は有料アカウント)

ちなみに、今は月一回のZOOM使用ですが月契約なので、実は何回でも開催する事は可能。

(A3)
自宅にある制作環境をそのままに紹介出来ます。

オフラインはMacなどを持ちこんで紹介なので、自宅と持ち込みで分けている場合、全く同じ制作環境を再現するのは難しいです。

(A4)
重たい機材を、オフライン会場まで持ち運ぶ必要がありません。車でないと持ち運ぶことが出来ない大きなiMacや楽器、多々ありますね。

移動スタジオ(車)の紹介やレコーディングスタジオから直接紹介などもありました。他のユーザークラブよりもメリットが大きい点と思います。

(A5)
画面を共有する事での、作業が分かりやすい。
紹介者の映像そのままに表示され、プロジェクターとは比較にならない画質で鮮明。

(A6)
Mac、iPhone、iPad、PC、ブラウザなどデバイスを選ばない。システム要件も低く参加の方では有利(後述)。

(A7)
音質・画質も良好で聴き取りやすい。自宅のモニター環境でチェックができます。これは他のオンラインミーティングシステムよりもZOOMの利点です。

(A8)
新型コロナに感染する心配がありません。関連して、体調が万全で無く移動の体力に不安がある方でも参加を検討出来ます。(これはZOOMとオフラインを同時開催するとメリットも薄れます)


■短所

(B1)
あたりまえですが、ネット接続が必要。また、ネットワークの品質も安定していないと影響が出ます。

(ちなみに自分の場合、自宅の今となっては遅いADSLでも安定して見られました。スピードはDownLoad最大6Mbps、Upload0.7Mbps。

楽天モバイルの高速通信、スピードは50Mbpsくらいのテザリングを使用した時は、3時間でデータ使用量が4GBくらいあったと思います。)

関連して、通常モノラル配信なのをステレオ配信に切り替えることが出来ますが、その場合ネットワーク負荷が増大するそうです。

(B2)
ZOOMの操作を覚える事。オンラインチャットやミーティングなど拒んできた方にはハードルがあります。

しかし、実際のところ見学するだけならLogicの操作を覚えるよりも簡単でした。

紹介側については、DAW音声出力や画面共有について操作を覚える必要があります。
(芝さんは詳しいので、いつも助けていただいています)

(B3)
Mac、iPhone、iPadにカメラがあれば参加可能ですがカメラは備え付けの映像画質に差が出ます。

パーツや細部などを紹介の場合はiPhoneカメラ、複数使用したりと細かい作業を紹介するのに工夫がいります。(Macの画面は共有出来るので除く)

(B4)
オフラインとは違った周りの配慮が必要。騒音に気を付けておかないと迷惑がかかります。音声表示の確認もリアルタイムで出来ますので、怪しい場合はミュート機能を使って下さい。

映像ONの場合、映らないような角度調整にしないと、映したくない部屋?やご家族などが写り込む場合があります。(部屋だけならバーチャル背景という手段あり)

(騒音などや聞かれたくない音については、ヘッドセットを使用することで遮断出来ます。マイクは操作ボタンでONOFF出来ます。)

(B5)
他の用事が度々発生したり、周りで子供が動き回ったりなかなか集中できない場合があります。

途中で移動が発生しても、やり方次第でMacからiPadに切り替えて移動中も視聴を行なったり出来ます。

(B6)
当初はソフト自体にセキュリティーに不安があり一番困った点でした。しかし、度重なるバージョンアップで塞がれており今は安全と思います。

ただ、バージョンアップが頻繁なのでMacソフトは開始前にアップデートがいつも必要になります(笑)。

(B7)
パソコン・端末に負荷が紹介時に大きい点。
紹介時は、DAW処理など限界まで行なっていた場合そこにプラスされるので再生が止まってしまうことがありました。

性能は良ければ良いに越したことは無いですね。

(B8)
オフライン会議とは違った疲れが出ます。ある種バーチャルなのと集中する考え方が違うから?かもしれません。途中で休憩タイムをとった方が良いですね。

関連して、気持ちの入れようを持つのが難しいかもしれません。準備運搬するのとでは、何かモチベーションが違いました。

(B9)
オフライン会議の様に機材を持ち回りして実体験など交流としては大きく劣ります。
現状仕方ないですが、このままでは..まずいですね。



ZOOMミーティングソフトの最低動作環境、Macはこちら、iPhone・iPadはこちらです。

今の所必ずしも映像・音声を出さなければいけないという決まりはありません。ただ、出した方が確実に楽しいです。映像・音声共に出していない方は、チャットでの挨拶だけはお願いしたいと思います。

以上まとめてみましたが、どちら一方に勝ち負けをつけるものではないです。他のクラブでは両方同時開催している所もあります。

今の所ZOOMミーティングのみなのでネット環境などの差はありますが、会員は同一のラインに立っています。遠方の方にとってこの機会は大きなチャンスだと思います。

(こちらのブログを参考にしました。ありがとうございます)
しまゆぐ定例会 オフライン・オンライン考察 吉田一視

(記:ノグチ)

このページのトップヘ